伊勢原版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

柿・みかん今年も豊作 収穫期のピークもうすぐ

社会

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
伊勢原を代表するフルーツ「柿」・「みかん」
伊勢原を代表するフルーツ「柿」・「みかん」

 神奈川県内一の収穫量を誇り、市の観光推奨みやげ品のひとつにもなっている伊勢原の「柿」。今年も丸く大きく育った実の収穫がピークを迎えはじめている。

 JAいせはら営農経済部によると、市内で果樹部会に加入している柿農家の戸数は66戸。栽培面積は12・2ヘクタールにのぼる。栽培品種は早秋、太秋、松本早生、次郎、富有など多様で、毎年およそ120トンの収穫があるという。

 JAいせはら果樹部会の多田光正委員長は、「今年は天気が悪い日が続き心配もあったが、順調に育ち豊作傾向。市内でとれた安心・安全な柿をぜひ味わってください」と話す。

みかんは12月から

 県内有数のみかんの産地でもある伊勢原は、かつて国内最北のみかんの栽培地として知られていた。そんなみかんも、今年は例年より少し早めに育っており、12月初旬には収穫期のピークを迎える。今年は雨の日が続いたため、酸の抜けがよく、甘みの強いものが期待されるという。

 130戸の農家、35・8ヘクタールの栽培面積をもつ市内では、極早生、早生、藤中、大津、青島などの品種が栽培されている。

 柿・みかんともに市内の直売所などで購入できる。

オカリナキッチン

大山とうふメンチカツ シフォンケーキ・プリン

https://www.facebook.com/ocarinakitchen

軽費老人ホーム 大山ホーム

「ただいま」と「おかえり」がある空間

www.oyamahome.com/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

「日向石」の受付カウンター

「日向石」の受付カウンター 文化

和栄工業本社新築で採用

7月23日号

派遣隊員らが活動報告

伊勢原市消防本部

派遣隊員らが活動報告 社会

熱海市の土石流災害受け

7月23日号

道灌の人物像学ぶ

道灌の人物像学ぶ 社会

文化会館で講演会

7月23日号

市内出身の民権家知る

市内出身の民権家知る 社会

雨岳文庫で資料展

7月23日号

踊りで「郷土愛」育む

踊りで「郷土愛」育む 教育

伊勢原白百合幼稚園

7月23日号

無病息災を祈願

石田子安神社

無病息災を祈願 文化

30日まで茅の輪設置

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter