伊勢原版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

伊勢原市 ESCO事業を導入 今年度中に全防犯灯をLED化

社会

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
防犯灯の横には管理プレートが設置されている
防犯灯の横には管理プレートが設置されている

 伊勢原市ではこのほど、防犯灯の維持管理業務を事業者に委託する「ESCO(エスコ)事業」を導入した。11月1日からは市内に設置してある蛍光灯型の防犯灯をLED灯に交換する作業が進められており、来年3月までに全ての防犯灯がLED化される予定。

 「ESCO事業」とは、市と契約した事業者がLED防犯灯に交換するための事前調査、設計・施工、契約後10年間にわたる維持管理業務を行うもの。全国的にも導入が進んでおり、近隣では厚木市も同時期に導入している。

 市内にある防犯灯は7400灯。これまで自治会などにより維持管理され、蛍光灯が切れた際や新しく設置する際にはLED灯に変えて設置が行われてきた。

 市交通防犯対策課によると、事業導入後に交換対象となる約5400灯のうち、11月19日時点で1818カ所が完了。また、約100灯が新たに設置される予定だという。

ESCOのメリット

 事業の導入により、市が負担する電気料がおよそ50%削減されることに加え、維持管理費を効率的に削減することができ、自治会の負担も解消できるとされている。従来年間約4520万円かかっていた費用は導入後3660万円となる見込みで、約860万円の経費削減が期待される。

 また、全ての防犯灯の横には、通し番号が書かれた管理プレートが新たに設けられ、地域住民が電気の異変に気付いた際、番号で簡単に知らせることができるようになる。

 同課では、「交換が完了した地域の住民からは、夜道が明るくなって見通しが良くなったという声も聞かれています。来年3月までに全て完了する予定です」と話す。

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook