伊勢原版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

伊勢原市 災害時の対応を確認 大規模地震の図上訓練を実施

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
市に設置された災害対策本部の様子
市に設置された災害対策本部の様子

 伊勢原市と市消防本部で1月20日、大地震を想定した図上訓練が行われた。これは湘南地域の5市3町が、県と自衛隊と合同で行ったもので、実際の災害時と同じように情報交換しながら、災害時の応急対応を学んだ。

 この大規模図上訓練は、災害時の対応能力向上、県と市などの関係機関の連携強化をめざし湘南地域で合同で行われたもの。

 当日は、平塚市を震源としたM7・0の湘南直下型地震が発生し、湘南地域全域が被災したという想定で訓練を開始。県庁・湘南地域県政総合センター・市町の3カ所で、情報収集や連絡調整を行いながら、訓練を進めた。

 伊勢原市では2D会議室に災害対策本部を設置。市職員・警察・自衛隊が協力して、与えられた情報をもとに対策を検討するなど、3時間にわたり訓練が行われた。市防災課の高梨芳房防災担当部長は「災害時対応の優先順位をつけることは難しい。的確に判断できるように、今後も訓練を積み重ねたい」とコメント。伊勢原市に参加した陸上自衛隊第1高射特科大隊の須崎淳也2等陸尉は「訓練でできないことは本番でもできない。災害発生時の人命救助のために準備を進め、災害に対する認識を共有することが大切」と話す。

消防も連携

 また当日は市消防本部でも図上訓練を並行して実施。消防職員15人が参加し、市・県と連携して、火災や倒壊といった災害箇所への消防派遣などをシミュレーションしながら、対応策を学んだ。

 県の地震被害想定調査によると、今回想定したM7・0クラスの直下型地震が発生した場合、伊勢原市内では1万軒以上の家屋で倒壊・半壊など被害が発生するという。訓練に参加した市消防本部警防係の河野典由さんは「図上だけでは見えない部分も多く、実際の災害では山間部の土砂崩れも想定される。市と協力して体制を整えていきたい」とコメントした。今後はより的確な救助のために、市全体での訓練なども検討しているという。

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク