伊勢原版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

石雲寺本堂 先人の思いを残す  242年ぶりの大規模耐震改修始まる

文化

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
改修前の本堂(2016年10月撮影)
改修前の本堂(2016年10月撮影)

 市内日向の『曹洞宗 雨降山 石雲寺』(清水義仙住職)では現在、本堂の耐震改修工事(施工・諸星建築/秦野市)が始まっている。この本堂は242年前に建てられたもの。同寺では「先人の残してくれた本堂を後世に伝えたい」と、本堂全体をジャッキアップする「あげ舞い」と呼ばれる工法で改修を進め、工事前と変わらない姿で本堂を残すという。

 石雲寺は718年(養老2年)に日向の地にやってきた華厳妙瑞法師により開創されたといわれる古刹。

 現在の本堂は、山林火災で焼失した本堂を1775年(安永4年)に再建したもの。大山の宮大工により造られたという本堂は、元々は茅葺きだったが、40年ほど前に行われた修繕で銅板葺きに変更された。柱をはじめとした大部分が建てられた242年前当時のままだという。

 同寺では、来年の開創1300年を前に、大地震で倒壊の恐れのある本堂の耐震改修工事を進めることを決定。昨年11月には本尊などを仮本堂に移し、本格的な工事を開始した。

 また役員会では「240年以上守ってきた、現在の本堂をそのまま残したい」という意見から、本堂をそのままジャッキアップする「あげ舞い工法」での改修工事となった。

 現在、本堂の壁は全て取り壊され、柱に筋交いが入れられている。今後は本堂全体を2mほど持ち上げて、その下で土台の工事を実施。完了後に柱などの高さを調整して本堂を乗せることで、今までとほぼ同じ形で本堂が戻るという。工事の完成は今年11月末を予定している。

 「年数は買うことのできない大切なものです。山の中に100坪を越える本堂を作り残してくれた先人を大切にし、さらに本堂を長生きさせていければ」と清水住職は話す。実際に本堂が持ち上げられる姿を見ることができるのは3月の中旬頃を予定。一般に向けた見学会なども計画されるという。

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク