伊勢原版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

青空高く80基舞う 楽天会がせみ凧揚げ大会

社会

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena
恒例の連凧揚げの様子
恒例の連凧揚げの様子

 市内最大級の親睦団体「楽天会」(府川健会長/107人)が主催するせみ凧揚げ大会が4月16日、上谷の休耕地で行われた。

 このイベントは、毎年芝桜が見頃を迎えるこの時期に合わせて、伊勢原の郷土玩具「せみ凧」を多くの市民に広め、継承していく目的で行われているもの。使用するせみ凧は、会員たちが製作している。

 当日は、約20人の会員が参加。毎年恒例の「連凧揚げ」に挑戦した。今回は強風の影響で、目標としていた会員数の107基には届かなかったが、80基以上のせみ凧が空高く揚がった。

 また、会場では貸出用のせみ凧も用意され、訪れた人々も一緒に凧揚げを楽しんだ。会員たちは「強風で全部揚げられなかったのは残念だけど、今年も楽しめました」と話した。

次回はレンゲまつり

 同会では、4月29日(土)に大田地区土地改良区区域ほ場整備地内で行われるレンゲまつりに、今年初めて参加する。凧揚げの時間は午後1時半頃から。

 府川会長は「せみ凧とレンゲを楽しみにぜひ参加しに来てください」と呼びかける。
 

集まった会員たち
集まった会員たち

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク