伊勢原版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

市立図書館 17年ぶり『楽都』制作 30周年を記念して

文化

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
これまでに制作されたVol.1〜5
これまでに制作されたVol.1〜5

 伊勢原市立図書館がこのほど、1996年から5年間制作していた同人誌『楽都』を再び制作することになった。これは、同館が来年開館30周年を迎えることを記念し、企画したもの。現在、小説をはじめ、詩やエッセイ、マンガなどのオリジナル作品の投稿を呼び掛けているほか、冊子の編集作業の参加者も募集している。

 『楽都』は、伊勢原市立図書館が利用者からの作品を集め、1996年から5年間、年に1冊制作していた同人誌。これまで図書館利用者に閲覧・貸出できるように所蔵されてきた。

 伊勢原市立図書館には、当時珍しかったという中学生から20代向けの「ヤングアダルトコーナー」があり、そこに置かれていた大学ノートへ利用者が自由にイラストや詩を書き込んだことをきっかけに、「創作意欲のある若者たちで本を制作できれば」と当時の図書館員たちが企画した。「みんなが楽しめるさまざまな作品が集まる、都のような本にしたい」との思いから、『楽都』という本のタイトルが付けられたという。

 本の内容は、小説や詩、マンガ、イラストなど様々で、初年度に制作されたものには、14人のオリジナル作品が100ページにわたり掲載されている。

 しかし、5年間制作されてきた冊子は、ヤングアダルト世代の読書離れなどを理由に、2001年を最後に制作が中断されていた。

 今回は、図書館の30周年記念事業のひとつとして17年ぶりに『楽都―rakuto ふたたび』として制作することが決定。今年度中の完成を目指し、現在企画を進めている。

作品・編集者募集中

 作品の募集期間は、10月31日(火)まで。内容は小説やエッセイ、童話、詩、漫画、イラストなど自由で、応募対象者は小学生以上。図書館1階のレファレンスカウンターで応募用封筒と要綱が入手できる。

 また、編集作業の参加者も同時に募集している(編集のみの参加も可)。対象は中学生以上で、今年10月から3月に月1回程度の作業がある。

 同館職員は、「久しぶりの制作で、どのような作品が集まるのか楽しみです。ぜひ、参加してみてください」と呼びかける。

 問い合わせは同館/【電話】0463・92・3500

伊勢原版のトップニュース最新6

救急出動が過去最多

伊勢原市消防本部

救急出動が過去最多 社会

11年連続で増加

1月17日号

「千載一遇の機会に」

新春市民の集い

「千載一遇の機会に」 政治

高山市長が所信表明

1月17日号

「つつがなく一年進む」

大山

「つつがなく一年進む」 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月10日号

1085人が門出

伊勢原市成人式

1085人が門出 社会

13日に令和初の式典

1月10日号

堺選手が東京五輪内定

トランポリン

堺選手が東京五輪内定 スポーツ

メダル獲得を目指す

1月1日号

産業・観光施策を充実

産業・観光施策を充実 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

青少年にボラ精神育成

県表彰

青少年にボラ精神育成 社会

実行委が「草の根賞」

12月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク