伊勢原版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

謎解きで地域盛り上げる 市職員らがイベント企画

社会

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
今年2月に行われたイベントの様子
今年2月に行われたイベントの様子

 市立中央公民館で8月20日(日)、リアル謎解きゲーム「終わらない夏まつりからの脱出」が行われる。このイベントは、会場内に仕掛けられた謎を参加者が解いていくもの。市職員有志が中心となり結成された謎解きゲームイベント制作団体「Torenia(トレニア)」が企画から当日の運営まで行う。

 リアル謎解きゲームとは、会場内で手掛かりを入手して文字や暗号、カギのかかった箱など様々な謎を、ひらめきと行動力で解き、最終目標の達成を目指す参加型のイベント。昨今話題を集めており、観光地やテーマパーク、商業施設などで開催されている。

 今回の「終わらない夏まつりからの脱出」は、夏まつり会場へ向かう途中で妖怪の世界に迷い込んでしまったという設定。参加者は4〜6人で1グループとなり、協力しながら仕掛けられた謎を解き、異世界からの脱出を目指す。

 このイベントを企画しているのは、市職員有志を中心に結成された「Torenia」という団体。謎解きゲーム好きの仲間で、民間企業などが開催しているイベントに参加していたことからメンバーが集まった。

 同団体では3年程前から自分たちでもイベントを企画するようになり、昨年11月には大田小学校からの依頼で学校行事に合わせ、3年生の児童たちを対象に実施。今年2月の中央公民館まつりでは、一般向けの謎解きゲームを実施し、参加者から好評だったという。

 謎解きゲーム単独での開催は今回が初めて。同団体の石川浩一さんは「謎を解くことで、ひらめいた時の爽快感や仲間とのコミュニケーションの大切さを感じてほしい」と話す。

 参加者は8月19日(土)まで受付中。午前10時からと午後2時からの2回で、各回先着順60人。小学2年生以下は保護者の同伴が必要。

 申し込み・問い合わせは中央公民館/【電話】0463・93・7500

地域活性につなげたい

 現在およそ25人で企画・準備を進める同団体。ストーリーや謎の仕掛け、ポスター等も全てメンバーが手掛けている。大切にしているのは、「子どもも大人も楽しめる謎解き」であること。参加することで地域の魅力も再発見できる内容を心がけている。

 石川さんは「他の市では、地域活性イベントとしても活用されている。そんな風に今後発展させていければ」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook