伊勢原版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

57年ぶりの梵天作り 前高森公民館で

文化

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena
丁寧に作業をすすめる参加者ら
丁寧に作業をすすめる参加者ら

 前高森公民館で11月14日、「梵天」作りが行われた。これは、江戸後期から昭和の中ごろまで約100年にわたり行われてきた大山講「大幣講」が、大山詣りの際に奉納する祭祀具「梵天」を作ろうと企画されたもの。梵天は修験道の御幣のことを言い、神前にお祓いをささげるのが大切な信仰表現とされていた。

 同地区の老人会有志が昔ながらの伝統を地域の人々に紹介しようと57年ぶりに復活のために立ち上がった今回の梵天づくり。

 この日は長さ約50センチの竹串の先に、紙の注連を挟んだお祓い80本と、2メート超の青竹に稲わらを巻きつけた「大幣」に挿す作業を2時間かけて行った。 当時の資料と、記憶を辿りながら作っていった同会の萩原博文さんは「107回続いた大幣講をまず地域の人に知ってもらおうと企画した。準備など大変だがこれを機にまた復活してくれたらうれしい」と話していた。梵天は前高森鎮座八幡神社に納められ、正月に観ることができるという。

伊勢原版のローカルニュース最新6

渡辺県議が一般質問

渡辺県議が一般質問 政治

12月7日

12月3日号

写友クラブが作品展

写友クラブが作品展 文化

5日まで

12月3日号

駅前でイセハライチ

4日・5日

駅前でイセハライチ 経済

音楽祭も同時開催

12月3日号

麻薬撲滅活動を支援

麻薬撲滅活動を支援 社会

中央、平成両RCが寄付

12月3日号

優勝は麹家ペイ太郎さん

優勝は麹家ペイ太郎さん 文化

伊勢原初のアマ落語大会

12月3日号

大神宮で新嘗祭

大神宮で新嘗祭 文化

実りの秋に感謝

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook