伊勢原版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

1月1日付で伊勢原市観光協会事務局長に就任した 志村 功さん 伊勢原市出身 62歳

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

おもてなしの心で

 ○…「観光が大好きで、おもてなしするのも大好き。伊勢原は、大山はもちろんのこと、それ以外にもたくさん観光の潜在能力がある。その魅力を皆に伝えていきたい」。市内の観光振興のため観光客の誘致や観光業の促進を担う観光協会。前任が辞任して約1年、空席だった事務局長の職に白羽の矢が立った。

 ○…「伊勢原が好きだから、身近で人の役に立つ仕事に就きたかった」と大学卒業後、伊勢原市役所に入職。税金、保健福祉、広報などの部署を歴任し、中でも2011年から4年間在籍した経済部での経験が「観光に関心を持つ原点になった」と振り返る。平成大山講プロジェクトの立ち上げやミシュランガイド調査団の案内、さらに観光協会の一般社団法人化にも携わり、伊勢原の観光の変貌期を支えてきた。「大きく変わった時でおもしろかった。この経験が今回に繋がったのでは」と微笑んだ。

 ○…登山が趣味。高校時代は山岳部に所属し、丹沢を活動拠点にしていた。入職後も仲間と「山を楽しむ会」を結成し、市役所を退職した今でも大山、丹沢、北アルプス登山を楽しんでいるという。登山のための体力作りは自転車通勤で十分だ。結婚を機に30歳で居を構えた東海大学前駅から、片道30分の道のりを自転車で通勤している。「風を切って走り、季節の移ろいを感じられるのがいい。朝日を浴びた大山は最高」と楽しそうに話す。

 ○…今の楽しみは2歳の孫と遊ぶこと。「先日弘法山へ登った。これからいろんな山に登る約束をしてくれた」と嬉しそうに目を細める。自身も同じ歳の頃に春の大山に上り、山頂の雪に感動したことを鮮明に覚えているという。「観光客誘致には『また来たい』と思ってもらう感動が大事。協会へ期待する声にも応えたい。やりたいことはたくさんある。根が目立ちたがり屋なんで」と謙遜するが意気込みは十二分に伝わってきた。

伊勢原版の人物風土記最新6

金澤 雅義さん

伊勢原市吟剣詩舞会の会長を務める

金澤 雅義さん

高森在住 77歳

5月13日号

小嶋 鉄平さん

伊勢原駅前のゴミ拾い活動を行う「+プラス活動」のリーダーを務める

小嶋 鉄平さん

桜台在勤 37歳

5月6日号

亀井 貞之さん

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める

亀井 貞之さん

下谷在住 85歳

4月22日号

成瀬 善之さん

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める

成瀬 善之さん

岡崎在住 43歳

4月15日号

雫石 啓祐さん

運用を再開した大田駐在所に勤務する

雫石 啓祐さん

下谷在住 37歳

4月8日号

増井 冨美子さん

絵画の作品展を中央公民館で開催する「虹の会」の責任者を務める

増井 冨美子さん

三ノ宮在住 72歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook