伊勢原版 掲載号:2018年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

『おおやまみち』で地域振興 2月12日にサミット

文化

古道・大山街道に注目
古道・大山街道に注目

 江戸時代に各地から大山をめざして参詣者が通った古道・大山街道。その『おおやまみち』をテーマに、街道沿線の産学官民が集う『”おおやまみち”まちづくりサミット』が2月12日(月・休)、伊勢原市民文化会館で開催される。

 大山街道は大山を中心に八王子や赤坂、保土ヶ谷、小田原などに放射状に広がる古道。時代の移り変わりにより、昔のままのルートは残ってはいないが、各地に道標や小道が残り、当時の面影を今に伝えている。

 これらの道では当時、多くの参詣者が行き交い、それぞれの街で大きな役割を果たしていたといい、現在でも多くの自治体が「大山街道」や「おおやまみち」をキーワードに地域振興を行っている。一昨年にはこの「大山詣り」が日本遺産にも認定され、古道にも注目が集まっているという。

 市では2012年から、大山街道の歴史的・文化的価値の共有と次世代への伝承を目的に、街道沿いの産学官民が集まり発表や講演、シンポジウムなどを行うサミットを毎年実施。今年も2月12日に行われる。主催する伊勢原市では「若者からご年配の方まで、楽しく大山道を学べます。ぜひお越しください」と話す。

 当日は午後1時開演(12時半開場)。せたが家志ん金さんによる創作落語『大山詣り』をはじめ、山岳写真家・廣田勇介さんによる基調講演『大山と神様百名山〜山岳お遍路、大山をゆく〜』、川崎市大山街道ふるさと館の對馬醇一副館長による事例発表『WE♥大山街道』などが行われる。

 定員は約400人。入場無料で申込み不要。

 問い合わせは伊勢原市役所/【電話】0463・94・4711商工観光課まで。
 

伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク