伊勢原版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

高校生が高齢者宅を慰問 会話通じ防犯など訴え

教育

高齢者宅を慰問する向上高生
高齢者宅を慰問する向上高生
 向上高等学校(直理賀一校長)の生徒による高齢者訪問ボランティア活動が2月1日、市内20カ所で一斉に行われた。

 これは、同校が薦めるボランティア活動の一環として30年ほど前から続いている取り組み。伊勢原市内で一人暮らしをしている高齢者宅を訪問し、会話を通じて交流を深めるとともに、防犯や防災の注意喚起を行っている。2014年からは神奈川県警と連携し高齢者が被害に遭いやすい振り込め詐欺について啓発チラシなどを手渡し、警戒を呼び掛けている。

 この日ボランティア活動に参加した清水日向さん(2年)と中島美咲さん(同)は、県警職員とともに市内日向の鍛元江さん宅を訪問。鍛さんの趣味、生い立ち、子育ての経験談などに熱心に耳を傾けていた。

 また「振り込め詐欺電話に気を付けて」と警察職員が注意を促すと、鍛さんは「よくかかってくるけれど、全部うそだと分かっている」と笑いを誘うなど終始和やかな雰囲気に包まれていた。

 訪問を終え清水さんは「ボーイスカウトをやっていたのでボランティアに興味があり参加している。昔の事などいろいろ聞けて良かった」と話すと、中島さんは「参加できて楽しかった。『仲間を大切にしなさい』と言われ、改めて思いやりを持って仲間に接しようと思う」と感想を話した。

 同校では高齢者宅の訪問意外にも、高齢者施設の慰問や年末のチャリティーコンサートへの招待なども行っている。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク