伊勢原版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

多文化共生を考える 難民経験者が講話

社会

 伊勢原市立中央公民館で2月14日(水)、「第4回人権セミナー」が開催される。時間は午前9時30分から11時30分まで。定員は申込み先着順100人。参加無料。

 カンボジア内戦で難民となった経験を持つ久郷ポンナレットさんを講師に迎え、多文化共生・多文化理解のあり方を考える催し。

 当日はポンナレットさんが「すてきだね あなたの気づかい 思いやり」をテーマに、自らの波乱の人生や母国への想い、日本で暮らす中で感じることについて、外国人とどのように接すればよいかなどについて講話する。

 ポンナレットさんは10歳の時ポル・ポト政権下の内戦で両親を含む家族6人が殺害された。強制労働の中、タイ国境を越え難民キャンプへ逃れた。インドシナ難民として1980年に来日し、現在2児の母となり通訳や小中学校の非常勤講師として働きながら講演活動を行っている。申込み、問い合わせは市社会教育課(中央公民館内)/【電話】0463・93・7500へ。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク