伊勢原版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

伊勢原市当初予算案 「希望ある事業」進める 一般会計は過去最大の320億

政治

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市(高山松太郎市長)は2月16日、定例記者会見を行い、2018年度当初予算案を発表した。一般会計の予算規模は320億4700万円で過去最大を更新する見通し。昨年に引き続き「健康づくり」「観光振興」「土地利用」「子育て環境づくり」の4本の柱を推進し、未来に投資するとした。

 第5次総合計画後期基本計画の初年度となる2018年度。当初予算案では、一般会計と特別会計を合わせた予算規模は前年度比1・1%減となる553億3600万円。一般会計は前年度比1・6%増の320億4700万円となり過去最大となった昨年を更新する見通し。

 歳入の柱となる市税収入は、賃金上昇などにより個人市民税が、市内主要法人の増益により法人市民税が増収になる見通しで、前年度比2・8%増の170億9077万円(歳入全体の53・3%)を見込む。また財政調整基金からの繰入を前年度比1億1200万円減の3億4800万円とし、当初予算での財政調整基金残高は11億9000万円。残高の確保を進める。

4つの柱の更なる推進

 高山市長は「第5次総合計画後期基本計画の初年度として前期の成果を確実に引き継いでいきたい。特に力を注いできた健康づくり・観光振興・土地利用・子育て環境づくりの4つの施策を一層推し進め、市民福祉向上と本市の未来に投資し、財政健全化を進めていく」と会見でコメント。中期戦略事業プランに盛り込まれた主な取り組みとしては、認定こども園・民間保育所の新設支援などに関する幼児教育・保育施設整備事業(4億6290万円)、協同病院跡地の公園整備などに関する防災機能を持つ公園整備推進事業(5400万円)、スマホアプリなどを活用した大山誘客受入強化事業(2710万円)、暫定のタクシー待機所の整備などを進める伊勢原駅北口周辺地区整備事業(1918万円)、総合運動公園芝生広場の再整備に向けた実施設計などに関する総合運動公園再生修復事業(500万円)など。

 また歳出面では、子ども・子育て支援給付費や障害者自立支援給付費などの増により扶助費が前年比9・3%増の88億3093万円となり全体の27・6%を占めるほか、市庁舎高置水槽改修工事や青少年センターシャワー室改修等にかかる維持補修費として、前年度比29%増の2億6933万円が計上される。「新東名の建設も日々進み、インター開設もいよいよ。伊勢原駅北口雄編整備、東部第二区画整理事業も目に見える形で進んできた。環境の変化を的確に捉え、安心と希望を持ってもらえる事業を進めていきたい」と高山市長は話した。

 当初予算を含めた31議案は2月21日に開会された伊勢原市議会(小沼富夫議長)3月定例会で上程され、各委員会での予算審査、一般質問(3月15・16・19日)などを経て、3月23日(金)の本会議最終日に採決される。

      2月21日起稿

伊勢原版のトップニュース最新6

再開発へ新たな船出

伊勢原駅北口

再開発へ新たな船出 政治

準備組合が設立

11月26日号

65歳以上 1月に発送へ

ワクチン3回目接種券

65歳以上 1月に発送へ 経済

給付金「迅速かつ確実に」

11月26日号

素人落語家が集結

素人落語家が集結 文化

28日に初の大会実施へ

11月19日号

大澤日菜さんが最優秀賞

県文化財保護ポスター事業

大澤日菜さんが最優秀賞 教育

1年生に続き2回目

11月19日号

防災情報など地図表示

伊勢原市

防災情報など地図表示 経済

国交省のシステム活用

11月12日号

東日本大会に出場へ

軟式野球伊勢原クラブ

東日本大会に出場へ スポーツ

市内5中学の選抜チーム

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook