伊勢原版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート 乳がん「早期発見・治療が大切」 取材協力/とうめい厚木クリニック

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
日野浩司医師。大学時代は軽音楽部でベースを担当。趣味は「井上陽水」「南こうせつ」「リトグリ」「八神純子」などのコンサート巡り
日野浩司医師。大学時代は軽音楽部でベースを担当。趣味は「井上陽水」「南こうせつ」「リトグリ」「八神純子」などのコンサート巡り

 東名厚木病院などを展開する社会医療法人社団三思会(厚木市船子)は、県央地域の中核病院として住民に地域医療を提供する。同法人の総合外来部門、「とうめい厚木クリニック」の乳腺外科医、日野浩司氏に乳がんの治療法や検診の重要性についてうかがった。

 まずはじめに、知っておきたいことは、「乳がんは罹患率は高いが、死亡率は高くない病気」ということ。「早めに対応し、きちんと治療すれば長生きできる病気です」。健康のためには、病気の早期発見、定期的な検診が不可欠だという。

 乳がん検診は、視触診に加え、乳房専用のレントゲン検査、マンモグラフィーを併用することが厚生労働省によって推奨されている。40歳以上の女性は、2年に1回は医療機関で診てもらうことを勧めている。また、自己触診も重要。「何か違うものが触れるとか、乳腺に違和感があれば病院で相談することが大事です」。

 同クリニックでは、抗がん剤を使い、腫瘍を小さくしてから部分切除をする術前化学療法にも力を入れている。「がんの部分だけに効果を発揮する分子標的薬など、新しい薬の種類も豊富になって、治る可能性が高まっています」。

 同クリニックでは患者会「乳腺の会」を設立し、患者や家族の交流の場を提供。地域で医師による出前講座なども開講している。

社会医療法人社団 三思会とうめい厚木クリニック

厚木市船子237

TEL:046-229-3377

https://www.tomei.or.jp/hospital/

伊勢原版のピックアップ(PR)最新6

【タウンニュース春の特別号】

連携して診療体制を拡大

耳鼻咽喉科に今年1月から常勤医師が着任 医療レポート

連携して診療体制を拡大

取材協力/伊勢原協同病院

2月26日号

PCR検査キット自販機が登場

エールいせはら店駐輪場

PCR検査キット自販機が登場

郵送で病院到着後、24時間以内に診断

2月26日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

石田に新施設オープン、入所者を募集

「生活すべてがリハビリテーション」の介護老人保健施設 あゆみの里

石田に新施設オープン、入所者を募集

3月13日・14日・15日に内覧会

2月19日号

「不動産に関する事で お困りはないですか」

「不動産に関する事で お困りはないですか」

宅建協会の無料相談が好評

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク