伊勢原版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

伊勢原クラシック演奏家連盟のリーダーとしてスプリングコンサートを開催する 内山 桃子さん 28歳

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena

負けず嫌いが原動力

 ◯…伊勢原の音楽教室を起点に活動を広げてきた若き演奏家たちが「地元で演奏したい」と集まった「伊勢原クラシック演奏家連盟」。あす4月14日に市民文化会館で初公演を開催する。現在マリンバ奏者として活動し、コンサートでは連盟のリーダーとして、トリを務める大役を担い期待に胸を膨らませる。

 ◯…生まれは平塚。3つ上の姉の影響でピアノを始める。中学では吹奏楽部に入部するも希望だったフルートを担当できずマリンバに。1週間悩んだが「音楽は共通だ」と受け入れ、中学2年のコンテストではソロでステージに立つほどに。「木の温かい音色に魅かれた。打楽器は体全体で音楽を表現できるのが魅力」と微笑む。高校でも吹奏楽部でマリンバを希望。スキルアップを求めて伊勢原ミュージックアカデミーに入会し、部の練習後にレッスンに通った。「伊勢原が私の演奏家人生の礎になっている」ときっぱり。

 ◯…マリンバをさらに学ぶため洗足学園音楽大学に入学。卒業後はアカデミーでマリンバ講師を務めながら、フリーランスのマリンバ奏者として伊勢原市を中心に演奏活動を続けてきた。そんな中「お世話になった伊勢原で音楽を聞いてもらいたい」と教室の仲間に呼びかけ今年1月に連盟を立ち上げた。「自分の想いや経験を音に込めて表現できるのが音楽の魅力。負けず嫌いなので、悔しくてもっとうまくなりたいと思う」と微笑む。さまざまな挫折もあったが一度も音楽を辞めようと思ったことはない。

 ◯…「未熟なところも含めて地元の人たちに聞いて欲しい。それぞれの想いを音で届ける」と意気込む。8人の女性演奏家の夢が実現した初のコンサート。若き演奏家の等身大の想いが会場に響き渡る。厚木市在住。

伊勢原版の人物風土記最新6

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

大山で登山初心者への声掛けや清掃活動をする

登山口 かおりさん(本名:矢埜やの健太さん)

沼目在住 39歳

10月15日号

原 靖夫さん

ウォークイベント「大山の門前町」を企画し、実施責任者を務める

原 靖夫さん

沼目在住 76歳

10月8日号

萩原 敬三さん

伊勢原市保育協議会の会長を務める

萩原 敬三さん

下糟屋在住 61歳

10月1日号

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook