伊勢原版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

歯と口を健康に 歯科医師会が啓発事業

社会

丁寧にフッ化物を塗っていく
丁寧にフッ化物を塗っていく
 (一社)秦野伊勢原歯科医師会(新倉良一会長)は6月2日、伊勢原市・秦野市の両市で「歯と口の健康週間事業」を実施した。

 これは同会所属の歯科医師が連携して毎年実施されているもの。今年も市内中央公民館では市内6歳児を対象とした「フッ化物塗布」と「歯科相談」、伊勢原シティプラザでは「口腔ケアに関する講演会」と「口腔がん検診」が行われた。

 中央公民館で行われたフッ化物塗布には、約300人が参加。日本歯科大学東京短期大学の学生も協力し、学生たちは各グループで手作りフリップなどを使い子ども達に歯の大切さを伝えながら丁寧にフッ化物を歯に塗っていった。

 またシティプラザの講演会には東海大学医学部の太田嘉英教授が講師として登場。約100人の参加者を前に「おいしく食べて楽しく元気に」をテーマに「オーラルフレイル」について分りやすく説明した。

伊勢原版のローカルニュース最新6件

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク