伊勢原版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

秋の味覚たわわに ミカン・柿が最盛期

社会

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena
みかん狩りは12月上旬まで
みかん狩りは12月上旬まで

 実りの秋―。”フルーツの里”として人気の伊勢原ではミカンと柿の収穫が最盛期を迎えている。

 市内善波の「あかざと園」(園主/飯塚正晃さん)では、極早生の肥のあけぼのや宮本がたわわに実り、みかん狩りを楽しみに多くの人が訪れている。

 JAいせはらによると、市内のみかん栽培農家は120戸。かんきつ類合計の栽培面積は31・87ヘクタールになり、販売ベースで栽培する面積は県内5位となる。同柑橘部会で委員長も務める飯塚さんは「今年も豊作。夏が暑かったので糖度も高く酸抜けも良い」と太鼓判を押す。この日、同園に横浜市から訪れていた90歳の女性は「毎年来ています。美味しい」と笑顔で話した。

柿も食べごろ

 同じく秋の代表的フルーツ「柿」も豊作。市内各所の直売所にお目見えしている。

 JAいせはら果樹部会加入の柿農家は62戸。栽培面積11・82ヘクタールは県内2位を誇る。JAいせはら営農経済部の亀井さんによると「台風などによる塩害もなく、早生は1週間早め。糖度も高く、11月には富有がメインで店頭に並びます」と話す。

 問い合わせはJAいせはら/【電話】0463・93・8115営農経済部

11月に入り富有がメイン
11月に入り富有がメイン

伊勢原版のローカルニュース最新6

林文子さんが体験語る

林文子さんが体験語る 経済

ロータリー奉仕デー

5月13日号

若竹のようにすくすくと

伊勢原大神宮で若葉祭

若竹のようにすくすくと 文化

5月13日号

カラーチューブを車いすに

秦野理容組合

カラーチューブを車いすに 社会

SDGs活動で社会貢献

5月13日号

子どもの虐待を防止

参加募集

子どもの虐待を防止 教育

ボランティア養成講座

5月13日号

ランチタイムコンサート

申込受付中

ランチタイムコンサート 文化

5月18日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook