伊勢原版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

東大竹在住田中米昭さん 伊勢原開村に新解釈 研究をまとめ本を出版

社会

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena
自身の本を手に笑顔の田中さん
自身の本を手に笑顔の田中さん

 市内東大竹在住の田中米昭さん(85歳)が10月10日、『「伊勢原の開村」を探る』(A5判172頁/税別千円)を自費出版した。2020年が伊勢原村の開村400年にあたることから、20年来調べた資料をもとに一冊の本にまとめた。

 田中さんは若いころからの歴史好きが高じて市内の郷土史を研究する「伊勢原郷土史研究会」や大山道に係る古道などの調査や保全を行う「アド・おおやまみち」を発足させた郷土史研究家。

 伊勢原開村にまつわる資料をまとめていた8年前、偶然2020年が開村400年にあたることに気が付き、自身の講演などで話してきた。しかし2020年の東京五輪開催が決まったことで、開村400年が霞んでしまうことを危惧。講演だけでは限界があることから出版を決意した。「開村400年の節目を前に伊勢原の人に知っておいてもらいたい歴史の謎について書いた。この本を機にいろいろな議論が広がって欲しい」と出版への思いを話す。

 著書の中では、伊勢原村が伊勢の曾右衛門らが開拓したと伝えられているが実際は「幕府によって計画的に開発された村であるのでは」ということを古文書などから読み解き、これまでの「伊勢の人が開村した」という話の疑問点を、辿り着いた自身の解釈で1年かけまとめた。「読みやすい文章に書きあげるのに苦労した。実際はこの倍の量を書いている。出来は70点。まあ合格点では」と笑顔で話す。著書は市内板戸の久美堂(エムアイプラザ内)や雨岳文庫などで販売中。

読者プレゼント

 同書を抽選で読者5人にプレゼント。希望者は葉書に〒、住所、氏名、年齢、【電話】、紙面の感想を明記し〒243の0021厚木市岡田3088ケーオービル5Fタウンニュース伊勢原編集室「本」係まで。11月9日(金)締切。

伊勢原版のトップニュース最新6

湘南オリーブ振興へ協定

産業能率大学

湘南オリーブ振興へ協定 社会

二宮町と農場など産官学連携

5月13日号

天空の宮『阿夫利』奉納

下糟屋在住鈴木教之さん

天空の宮『阿夫利』奉納 文化

いせはら市展市長賞作品

5月13日号

下山までをトータルに

大山登山

下山までをトータルに 社会

モンベル主催で遭難対策研修

5月6日号

母の日前に出荷ピーク

ふじだな園

母の日前に出荷ピーク 社会

16種のカーネーション

5月6日号

休耕田が菜の花畑に

伊勢原市西富岡

休耕田が菜の花畑に 教育

地元児童がSDGs学ぶ

4月29日号

限定の絵馬を配布

厚木十二支寺社巡り

限定の絵馬を配布 社会

御朱印集めに特典

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook