伊勢原版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

新しい時代の幕開け ICの開通や統一地方選

社会

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
猪は無病息災の象徴(撮影協力/エフティ)
猪は無病息災の象徴(撮影協力/エフティ)

 2019年、平成最後の年が明けた。今年の干支は己亥(つちのと・い)。今年予定されている伊勢原市の主な出来事を紹介しながら、12年前の亥年、さらに平成にどのような出来事があったのか振り返る。

 皇太子殿下が天皇陛下に即位され新しい元号がスタートする2019年。4月には統一地方選挙が予定されており、伊勢原市内では県議・市議選が実施される。5月にはいせはら芸術花火大会、10月には昨年28万人が来場した伊勢原観光道灌まつりが行われる。

 ほかにも市商工会青年部が50周年記念事業を開催。伊勢原平成ロータリークラブも30周年を迎え、10月には消費税が10%に改定される予定。

 新東名高速と国道246号バイパス、県道603号の3つの広域幹線道路事業が本格化して5年。新東名の伊勢原ジャンクション(仮称)が今年度中に、3つの幹線道路をつなぐ伊勢原北インターチェンジ(仮称)が2019年度中に開通する予定で、新元号とともに伊勢原にとって新しい時代の幕開けの年になる。

12年前の亥年は

 伊勢原では秋山里奈さんがパラリンピック女子100m背泳ぎで世界新記録を樹立。県総体では伊勢原弓道協会のチームが優勝した。文化面でも向上高校生物部が日本水大賞を受賞。大山の金子貞雄さんが日本キワニス文化賞を受賞するなど、様々な世代で活躍が目立った年だった。

平成の伊勢原

 平成元年に市立図書館・子ども科学館がオープンし平成3年には人口が9万人に到達した。平成9年にシティプラザがオープンし平成10年には、かながわ・ゆめ国体秋季大会が開催された。

 平成13年には人口が10万人に到達。平成17年にはじめて大山の紅葉ライトアップがスタートし今では県内有数の紅葉スポットとして認知された。

 平成21年には伊勢原駅自由通路が完成し平成28年には特急ロマンスカーの常時停車化が実現。また同年「大山詣り」が日本遺産に認定されたのは記憶に新しい。平成も残すところあと4カ月。

伊勢原版のトップニュース最新6

災害廃棄物処理で協定

災害廃棄物処理で協定 政治

伊勢原市、二市組合ら4者

11月27日号

今年も“若手の力”集結

商工会青年部

今年も“若手の力”集結 経済

12月6日にPRイベント

11月27日号

あすから紅葉ライトアップ

大山

あすから紅葉ライトアップ 経済

ケーブル夜間運行も

11月20日号

ポップコーンで収入増へ

地域作業所ドリーム

ポップコーンで収入増へ 社会

施設内に工房オープン

11月20日号

重要無形文化財保持者に

笛演奏家福原洋子さん

重要無形文化財保持者に 文化

市内で初認定

11月13日号

3年連続関東出場へ

石田JVC

3年連続関東出場へ スポーツ

10年ぶりの優勝目指す

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク