伊勢原版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

「伊勢原観光写真コンテスト2018」で最優秀賞に輝いた 熊澤 康正さん 沼目在住 81歳

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

写真が生きがい

 ○…伊勢原市観光協会がアマチュアカメラマンを対象に、市の魅力が伝わる作品を募集した『伊勢原観光写真コンテスト2018』。市内外から100点以上の作品が寄せられ、その中から、見事最優秀賞を受賞した。作品名は『大山の彩り』。権田公園を彩る紅葉を、絶妙な光の射す場所で撮影した。「伊勢原の自然の美しさを知ってもらいたくて応募した。認められて嬉しい。これからも撮り続けます」。受賞を機に一層意欲を燃やす。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。小学校時代の恩師に憧れ、自身も教師の道へ。大学を卒業して平塚市内の小学校教諭に。自身が関わった子どもたちには「友だちを大切にし、人に優しく」と伝えてきた。教頭や校長を歴任し60歳で退任。「恩師のような教師になれたかは分からないけれど、子どもの目線で友だちのように接してきた。今でも同窓会に呼んでもらえるのが嬉しい」と目を細める。

 ○…写真との出会いは19年前。第2の人生の過ごし方を悩んでいた時に先輩から誘われたのがきっかけ。平塚の写真サークル「フォト四季」に入会し技術を学んだ。コンテストや作品展などに作品を出品し、講評をもらうのが励みになり、すぐに夢中になった。中でも一番好きなシーンは打ち上げ花火の写真。造形的に映る破裂した瞬間の花火の勢いに魅せられた。「花火の写真は同じものが2度撮れないのが面白い。関東の花火大会はほとんど制覇したと思うよ」と誇らしげに話す。

 ○…体力づくりも趣味。ジムで週3回筋トレと水泳で体を鍛える。「リタイア後は『今日行く(教育)が大事』。外に出ないと出会いもなく、楽しくない。生きがいを持つことの大切さをいつも教え子に言っている」。自身、毎日を楽しんでいるのが笑顔から伝わってきた。

伊勢原版の人物風土記最新6

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

幾田 聡さん

商工会青年部主張大会の県大会で優勝し、9月に関東ブロック大会へ出場する

幾田 聡さん

板戸在住 36歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古代の歴史散策

参加者募集

古代の歴史散策

講演会と史跡巡り

10月20日~10月20日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク