伊勢原版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

「市民の花火に協力を」 協賛金集めに“苦戦“

文化

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena
全体調整会議であいさつする柏木実行委員長
全体調整会議であいさつする柏木実行委員長

 5月25日(土)に伊勢原市総合運動公園で予定されている、第8回「いせはら芸術花火大会」。例年より1カ月遅い開催で、実行委員会(柏木貞俊実行委員長)では来場者の増加を見込むが、協賛金や募金集めに苦戦している。

 いせはら芸術花火大会は、「花火で子どもたちに夢と希望を与えたい」という市民有志の思いが集まり、2009年に第1回を開催。運営費はすべて地元企業や市民などからの協賛金と募金で賄われ、「市民の花火」として定着している。打ち上げは内閣総理大臣賞も受賞する磯谷煙火店が手掛け、市内外から例年約2万人の来場者がある。

 今年は統一地方選や改元などとも時期が重なり、1カ月遅い5月の開催に。暖かい気候が予測され、来場者の増加を見込む反面、警備費など運営にかかる経費が増える。実行委員会では継続的に協賛金と募金集めをしているものの、目標額の半分にとどまっているという。

 実行委員会と警察や消防など関係機関との全体調整会議が、4月3日に市民文化会館で行われた。この日は立ち入り禁止エリアや警備体制、臨時バスの運行についてなどを確認。安全に花火大会が開催できるように意見を出し合った。

 柏木実行委員長は本紙の取材に、「過去7回の実績があっても、花火大会の運営は難しさが増している」とし、「一人ひとりのお力が花火になります。ご協力をお願いします」と話した。

 花火大会への協賛金と募金の方法は、銀行振込と手渡しの2通り。詳細は大会ホームページ(http://isehara-fireworks.com/)または【携帯電話】070・1184・0872へ。また、実行委員会では当日の運営や、翌日の清掃を手伝うボランティアも募集している。

昨年の花火(実行委員会提供)
昨年の花火(実行委員会提供)

伊勢原版のトップニュース最新6

大山ゆかりの碑を再建

大山ゆかりの碑を再建 文化

伝統文化を後世に

5月17日号

50周年の節目祝う

50周年の節目祝う 社会

伊勢原RCが記念式典

5月17日号

飛躍の「令和」新時代

改元記念特別企画

飛躍の「令和」新時代 政治

高山市長にインタビュー

5月1日号

陛下が大山登山された日

陛下が大山登山された日 社会

関係者が語る当時の様子

4月27日号

20人の顔ぶれ決まる

伊勢原市議選

20人の顔ぶれ決まる 政治

現職・相馬氏がトップ当選

4月26日号

ダイジェスト版が完成

伊勢原市史

ダイジェスト版が完成 社会

市の歴史を1冊に要約

4月26日号

3社コラボで新銘菓完成

3社コラボで新銘菓完成 経済

“大山”模した和スイーツ

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク