伊勢原版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

大山ゆかりの碑を再建 伝統文化を後世に

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
再建立した碑を前に集まる関係者
再建立した碑を前に集まる関係者

 丹沢大山が1965(昭和40)年に、国定公園に指定されたことを記念して建てられた「大山参道入口」の記念碑と、大山にゆかりのある川柳家・村田周魚の句碑が、およそ20年ぶりに再建された。2000(平成12)年の道路拡幅工事の際に一度は撤去され、地元で保管されていたもので、5月12日には関係者が集まって除幕式が行われた。

 記念碑と句碑などが再建立されたのは、市内子易の県道611号(新道)沿い。きっかけは、周魚の50回忌を機に、孫の村田行成さん(67)と、川柳家の16代・尾藤川柳さん(58)が句碑を探し始めたこと。現地で倒されたまま保管されていた両碑を発見し、地元の磯崎敬三さん(阿夫利睦会長)に相談。協力を得て約3年がかりで復元と再建を実現した。

 周魚は川柳六大家の1人として、川柳の文化事業の中心的役割を果たした。黒御影石の句碑には、周魚が詠んだ『お互いの齢をほめあう山の道』の句が刻まれている。関係者によると、句碑は上野東照宮、向島牛嶋神社に続き3番目に建てられたもの。周魚が大山詣りを好んだことから、旧大山駅バス停終点に建立されたという。

 この日は、除幕式の後に、大山阿夫利神社社務局に会場を移して、式典と記念句会も開かれた。式典では施工した(有)秋山安太郎石材の秋山良次代表取締役と、磯崎会長に感謝状等が贈られた。

 実行委員を代表して謝辞を述べた村田行成さんは「皆様のご寄付とご尽力で碑が建ったことを大変うれしく思う。伝統文化を受け継ぎ、大山と川柳の活性化につながってくれたら」と話した。

伊勢原版のトップニュース最新6

自助・共助の基礎学ぶ

自主防災会

自助・共助の基礎学ぶ 社会

リーダー向けに研修会

6月21日号

免許証の自主返納進む

免許証の自主返納進む 社会

高齢者の交通事故も増加

6月21日号

若年層に認知症啓発

伊勢原市

若年層に認知症啓発 社会

親子でサポーターに

6月14日号

大山で豆腐作り学ぶ

台湾の中学生

大山で豆腐作り学ぶ 教育

宿坊体験型の教育旅行

6月14日号

大山がルートに

2020年東京五輪聖火リレー

大山がルートに スポーツ

来年6月29日に通過

6月7日号

再整備まもなく開始

総合運動公園

再整備まもなく開始 社会

期間中は利用制限も

6月7日号

2つの部が関東へ

伊勢原高校

2つの部が関東へ スポーツ

女子バレーとライフル射撃

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

妊娠と出産

妊娠と出産

協同病院で市民公開講座

7月27日~7月27日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク