伊勢原版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

台湾の中学生 大山で豆腐作り学ぶ 宿坊体験型の教育旅行

教育

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
武田さんの豆腐作りを見学する台湾の中学生ら
武田さんの豆腐作りを見学する台湾の中学生ら

 台湾の中学生が6月6日、伊勢原市内を訪れ、大山の宿坊で豆腐作りなどを体験した。市では「宿坊体験型教育旅行」の誘致を積極的に進めていて、台湾からの受入れは初めて。

 大山の宿坊、大滝荘たけだ旅館を訪れたのは、台北市立忠孝中学校の1年生から3年生まで52人と引率の教員たち。6月5日から9日の日程で訪日し、静岡県から都内に向かう途中で、伊勢原を訪れた。

 生徒たちはこの日朝、中沢中学校を訪問し、2年生の朝会の見学や授業参観、両校生徒による英語での学校紹介などで交流を深めた。

 その後、バスでたけだ旅館へ移動。17代目主人の武田安司さん(63)が豆腐作りを実演し、10時間ほど浸水させた大豆100グラムと水400ccをミキサーでかき混ぜ、豆乳とおからを作る様子や、豆乳を沸騰させ、にがりを混ぜて豆腐をつくる工程などを生徒たちに手ほどき。「水がきれいなので美味しい豆腐ができます」と説明した。

 また、この日は一般社団法人伊勢原市観光協会の志村功事務局長(63)が、大山の歴史について「大山は雨降り山として農民などから信仰を集めました」「ゴッホの絵にも大山が描かれています」などと解説。「ご家族などとまた大山に来てください」とPRした。

 昼食で生徒たちは先ほど学んだ豆腐作りを体験。一人ひとりに小鍋が用意され、豆乳ににがりを混ぜて豆腐を作り食べた。3年生の魏善筠(りぜんいん)さんは「豆腐作りは台湾ではなかなか体験できない。豆腐が美味しかったと帰ったら台湾の人たちに必ず伝えます」と話した。

受入れを推進

 市によると、高座日台の会など民間レベルで台湾との交流がある。また、市では富士箱根伊豆国際観光テーマ地区神奈川県協議会に加入し、海外向けに教育旅行の受入れを推進する取組みなどを展開している。今回は忠孝中学校から市に連絡があり、交流が実現。市では今後も海外からの教育旅行の受入れを推し進めていきたい考えだ。

 志村事務局長は「若い感性で、SNSなどを通じて伊勢原の魅力を世界に発信していただけたらうれしい」と語った。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

救急出動が過去最多

伊勢原市消防本部

救急出動が過去最多 社会

11年連続で増加

1月17日号

「千載一遇の機会に」

新春市民の集い

「千載一遇の機会に」 政治

高山市長が所信表明

1月17日号

「つつがなく一年進む」

大山

「つつがなく一年進む」 文化

阿夫利神社で筒粥神事

1月10日号

1085人が門出

伊勢原市成人式

1085人が門出 社会

13日に令和初の式典

1月10日号

堺選手が東京五輪内定

トランポリン

堺選手が東京五輪内定 スポーツ

メダル獲得を目指す

1月1日号

産業・観光施策を充実

産業・観光施策を充実 政治

新春インタビュー 高山市長に聞く

1月1日号

青少年にボラ精神育成

県表彰

青少年にボラ精神育成 社会

実行委が「草の根賞」

12月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク