伊勢原版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

伊勢原市 若年層に認知症啓発 親子でサポーターに

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛ける市担当者
参加を呼び掛ける市担当者

 市が主催する親子向けの認知症サポーター養成講座が7月20日(土)、伊勢原シティプラザふれあいホールで開催される。小学生とその保護者を対象にした講座で市内では初開催。市介護高齢課では6月17日(月)から募集を開始する。

 認知症サポーターは認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域や職場で認知症の人や家族に対してできる範囲で手助けする人。厚生労働省が2005年から養成をはじめ、伊勢原市でも08年から同講座を開いてきた。

 講座を受講すると認知症サポーターになることができる。市介護高齢課によると、地域包括支援センターや地域の出張などで講座をこれまでに136回開催。のべ3265人(19年3月末現在)が受講しているという。

 今回初の試みとなる親子講座。これまで受講者が70歳以上の高齢者が半数を占めていることから、小学生とその親に受講してもらうことで、認知症を家族や親子で考え、学んでもらうのが目的。

 講座では、認知症をわかりやすくまとめた紙芝居や寸劇、高齢者の疑似体験などが行われるほか、スタンプラリーやぬいぐるみのプレゼントもある。また受講後は修了の証の『オレンジリング』が贈呈される。

1142人が認知症

 同課によると、市内の認知症対象者(認知症高齢者の日常生活自立度判定III以上)は1142人(19年4月1日現在)。同課の担当者は「両親が共働きで、中学生の孫が認知症の祖母をケアし、受験勉強が進まないという相談も届いている。これは特別な例ではないので、認知症を若い世代に正しく理解してもらえれば」と話す。

 講座は午前10時から11時半まで。定員は申し込み順15組程度。問合せは市介護高齢課【電話】0463・94・4725へ。

伊勢原版のトップニュース最新6

カキノタネと豆腐 開発

うまいもの遺産創造委員会

カキノタネと豆腐 開発 経済

新商品をお披露目

7月3日号

高岳院再建へ始動

能満寺松本住職

高岳院再建へ始動 社会

「まちおこしの一助に」

7月3日号

ひとり親家庭の生活支援

伊勢原市

ひとり親家庭の生活支援 社会

臨時特別給付金を支給

6月26日号

新型コロナで登録者急増

くらし安心メール

新型コロナで登録者急増 社会

4カ月間で千人超

6月26日号

新グラウンド完成

向上高校

新グラウンド完成 社会

地域への開放も視野

6月19日号

事業継続支援に1.4億円

伊勢原市

事業継続支援に1.4億円 政治

独自の臨時給付金支給へ

6月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク