伊勢原版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

「Cheer up Do-kann『道灌 応援歌』」を作り、7月19日の太田道灌の集いで披露した 清水 道也さん 上粕屋在住 66歳

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena

「好きなことには真直ぐ」

 ○…太田道灌公を多くの人に知ってもらおうと、伊勢原手作り甲冑隊のメンバーで結成した甲冑隊バンド「Do―kann」のリーダー。バンド名は、英語の「やる」の意味のDOと、ドイツ語で「出来る」の意味のkannが由来だ。「シニアでもやればできるという想いを込めた。曲は、道灌公の生きざまが、私たちへの応援歌になると思って作った」と想いを明かす。

 ○…生まれも育ちも伊勢原。高校まで地元で過ごし、子どもの頃からの夢だった船乗りを目指して、全寮制の東京商船大学に。卒業後は、物流会社に就職。東京、シカゴ、サンフランシスコなどの国内外の生活を経て、5年前に伊勢原に戻った。「海外で仕事がしたかった。当時は憧れだったから」と振り返る。人生を左右する出来事が25歳の時に。チリから帰国の途中、大しけに遭遇し、命の危機を体験した。「経験も浅く、パニックになっていたが、苦しい時こそ少しの余裕を持つことが必要なことを、先輩から教わった。それ以来、常に余裕を持つことを心掛けている」と話す。

 ○…「人のためになれば」と、趣味の音楽で高齢者施設の慰問を行っていたことから、まちおこしの役に立てるならと、誘われて3年前に甲冑隊に入会。昨年末に甲冑隊バンドを結成した。先月行われた道灌の集いで披露する曲を、1カ月掛かって制作。「幼い頃に首塚で遊んでいて、道灌公に馴染みがあった。初めての曲作りだけど、満足しているよ」と笑う。

 ○…現在、10年ほど前から始めた登山で頭がいっぱいだ。9月には米国本土で最高峰のホイットニー山への登山を計画中。2年前にはキリマンジャロ登頂も経験するなどセカンドライフを満喫する。「好きなことには真直ぐ。後悔したくないからね」と笑顔で話した。

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

<PR>

伊勢原版の人物風土記最新6

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

幾田 聡さん

商工会青年部主張大会の県大会で優勝し、9月に関東ブロック大会へ出場する

幾田 聡さん

板戸在住 36歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古代の歴史散策

参加者募集

古代の歴史散策

講演会と史跡巡り

10月20日~10月20日

伊勢原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク