伊勢原版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

愛川町郷土資料館 戦争の記憶 後世へ 企画展で陸軍飛行場写真集も

社会

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
写真集に収録されている作品(写真提供・愛川町郷土資料館/寄贈・田原聖司氏)
写真集に収録されている作品(写真提供・愛川町郷土資料館/寄贈・田原聖司氏)

 終戦の日を前に、愛川町郷土資料館(愛川町半原5287・県立あいかわ公園内)で企画展「戦争の記憶―戦後74年」が開催されている。同館が隔年で開催する企画展で、今回は写真パネル展示に加え、神奈川県内陸工業団地の前身である相模陸軍飛行場の写真集を発刊した。

 同展は、戦争の史実を風化させず、先人たちが体験した戦禍と復興の歩みを知ってもらおうと開催されているもの。

 期間は9月1日(日)までで、期間中は休館日なし。同館企画展示室やエントランスホールでは、戦時中の写真やポスターなど、約90点の貴重な資料が展示される。

 また、今年は同展にあわせて相模陸軍飛行場関係写真集を発刊。8月1日から販売されている。

 戦時中、愛川町中津には相模陸軍飛行場があり、多くの航空機が離発着した。終戦後は県内陸工業団地として造成され、地域の経済発展に貢献し、今に至る。写真集では、寄贈された写真など52枚が解説とともに掲載されており、当時の様子を克明に伝える。

 同館学芸員の山口研一氏は「地元でも工業団地が飛行場だったことを知らない方がいらっしゃると思います。写真集で一時代前を知っていただけたら」と話す。写真集はA4サイズ30頁で1冊290円。発行数は1000部。同館のほか、愛川町教育委員会スポーツ・文化振興課(【電話】046・285・6958)でも販売している。

 さらに同館では、企画展関連事業として山口氏による講座「写真で見る相模陸軍飛行場」を8月31日(土)、午後1時30分から同館会議室で開催する。定員は先着20人。

 なお、企画展への入場や関連事業の参加は無料だが、車で来場の場合県立あいかわ公園の駐車場代(普通車500円)がかかる。参加申込みや問合わせは同館【電話】046・280・1050へ。

様々な展示品
様々な展示品
写真集収録作品(写真提供・愛川町郷土資料館/所蔵・一錬飛会)
写真集収録作品(写真提供・愛川町郷土資料館/所蔵・一錬飛会)

伊勢原版のトップニュース最新6

中学3年生まで拡大

小児医療費助成

中学3年生まで拡大 社会

10月から通院も対象に

7月10日号

地元商店を応援

NPO法人イセハライク

地元商店を応援 経済

12日に物販イベント

7月10日号

カキノタネと豆腐 開発

うまいもの遺産創造委員会

カキノタネと豆腐 開発 経済

新商品をお披露目

7月3日号

高岳院再建へ始動

能満寺松本住職

高岳院再建へ始動 社会

「まちおこしの一助に」

7月3日号

ひとり親家庭の生活支援

伊勢原市

ひとり親家庭の生活支援 社会

臨時特別給付金を支給

6月26日号

新型コロナで登録者急増

くらし安心メール

新型コロナで登録者急増 社会

4カ月間で千人超

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク