伊勢原版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

大山 能楽殿で幽玄な舞 初のインバウンド薪能

文化

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
大山能楽社保存会による演目『蟹山伏』の様子=10月3日に写す
大山能楽社保存会による演目『蟹山伏』の様子=10月3日に写す

 大山阿夫利神社社務局の能楽殿で10月2日と3日、「大山火祭薪能」が開かれ、2日間でおよそ2000人(主催者発表)が来場した。

 大山能狂言は、300年以上の歴史がある神事芸能で、市の重要文化財にも指定されている。今年は「日本博プロジェクト」の一環としても開催され、インバウンド(訪日外国人客)にも伝統文化を理解してもらえるように、英語併記のパンフレットやイヤホンガイドなどを用意。会場にはツアー客や東海大学の留学生など、訪日外国人の姿が目立った。

 2日の演目には、観世流宗家の観世清和氏や、人間国宝の山本東次郎氏らが出演。秋深まる大山で、かがり火が照らす野外舞台で演じられる能狂言に観客らは酔いしれた。

 また、両日は、新たな取組みとして、大山能楽社保存会が、地元の子どもたちと一緒に練習を重ねてきた「大山狂言・仕舞」を披露。「大山神楽舞」も奉奏された。また、伊勢原手作り甲冑隊が、火祭神事に協力するなどして、初のインバウンド薪能をサポートした。

伊勢原版のローカルニュース最新6

警戒レベル3 高齢者等避難を発令

【Web限定記事】伊勢原市

警戒レベル3 高齢者等避難を発令 社会

9月18日の台風14号接近大雨で

9月24日号

保育所の仕事とは

【Web限定記事】伊勢原

保育所の仕事とは 社会

シティプラザで就職説明会

9月24日号

友愛電話ボランティアの初級講習会

【Web限定記事】

友愛電話ボランティアの初級講習会 社会

参加者を募集

9月24日号

次年度理事長に青木氏

次年度理事長に青木氏 社会

伊勢原JCが総会で選任

9月24日号

赤ちゃん力士 初土俵

赤ちゃん力士 初土俵 社会

比々多神社で泣き相撲

9月24日号

日向地区の彼岸花

日向地区の彼岸花 経済

3連休が見頃

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook