伊勢原版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

チャリティー朗読会を開く『手毬会』を主宰する 中尾 陽子さん 上粕屋在住 70歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

朗読で心を豊かに

 ○…上粕屋のカフェ「カフェラッテ」で11月9日(土)にチャリティー朗読会を開く。子どもと大人が一緒に楽しめる朗読会。同店では2度目で、入場料の一部を東日本大震災で被災した岩手県大槌町のこども文庫「ひだまり会」などに寄付する。当日は「ピーターラビットのおはなし」などを朗読するほか、ワークショップも企画。「朗読は読み聞かせと違い、絵を見ないので想像力が養われ、心が豊かになる。子どもたちは思いやりのある大人になり、世の中が平和になると思う」と微笑む。

 ○…世田谷区出身。子どもの頃から読書が好きで、世界少女文学全集が特にお気に入りだった。「悲劇の主人公が這い上がる様が面白くて、小学生で人生を学んだ」。大学生の時手にした本の挿絵で「感性を大事に、自由に生きやすい場所で生きていい」と言われた気がした。以来絵本の魅力に引き込まれ買い集めるように。卒業後、美術系の新聞社に就職。24歳で結婚し伊勢原へ。3人の子育て中、わが子と向き合う時間が寝る前の絵本の読み聞かせの時間だった。

 ○…40代になり、読み聞かせの経験を活かそうと市立図書館開館時に立ち上がったお話しサークル「おはなしばる〜ん」に参加、初代代表に就いた。病院の小児病棟でも読み聞かせを始め、表現力に磨きをかけようとプロの朗読指導を受けると、聞く人の心に呼びかける朗読の魅力にはまった。手毬作家だった母にあやかってつけた『手毬会』を5年前に立ち上げ、自宅兼アトリエや市内のカフェなどでチャリティー朗読会を開いている。

 ○…今やりたいのが朗読劇。原爆で命を落とした「母と子」をテーマにした『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』だ。「平和の尊さを伝えたくて」。熱い思いはまだまだ尽きない。

伊勢原版の人物風土記最新6

端山 清さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長に就いた

端山 清さん

 67歳

9月25日号

影浦 寿満子さん

伊勢原市青少年相談室補導員連絡協議会の会長を務める

影浦 寿満子さん

沼目在住 68歳

9月18日号

福澤 順子(としこ)さん

オレンジカフェ「ふくじゅ」を運営する

福澤 順子(としこ)さん

伊勢原在住 66歳

9月11日号

宮崎 武雄さん

冊子「江戸時代の伊勢原村の繁栄〜道標から見る人々の往来〜」を作成した

宮崎 武雄さん

上粕屋在住 79歳

9月4日号

中村 直純さん

STARLIGHT CINEMA実行委員会の委員長を務める

中村 直純さん

笠窪在住 43歳

8月28日号

望月 美幸さん

バルーンアーティスト“MIYUKI”として活動する

望月 美幸さん

沼目在住 38歳

8月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク