伊勢原版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

伊勢原平成RC 日韓の中学生が交流 豆腐作りなど体験

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
豆腐料理を食べて交流する日本と韓国の中学生ら
豆腐料理を食べて交流する日本と韓国の中学生ら

 伊勢原平成ロータリークラブ(蜘手匠会長)が主催する、市内中学生と韓国の中学生との国際交流研修会が、10月27日と28日に行われた。子どもたちは、大山での豆腐作り体験や、清掃活動などを通して、交流を深めた。

 研修会は、今年度、設立30周年を迎える同クラブの青少年育成活動の一環。パートナークラブの済州西部ロータリークラブ(チェジュセイブRC)の協力を得て、今年3月30日から4月2日まで、伊勢原市内の中学生10人が韓国済州島を訪れ、ノヒョン中学校の生徒らと交流した。

 今回は、この縁で、ノヒョン中学校の生徒15人と、チェジュセイブRCの関係者らが伊勢原を訪問。中学生たちは27日、日向薬師を見学後、大山の宿坊、大滝荘たけだ旅館へ移動し、昼食を兼ねた豆腐作りを体験した。

 はじめに、同旅館の17代目主人、武田安司さんが、10時間ほど浸水させた大豆と、水をミキサーでかき混ぜ、豆乳とおからを作る様子や、豆乳を沸騰させ、にがりを混ぜて豆腐を作る工程を実演。その後の昼食では、一人ひとりに小鍋が用意され、先ほど学んだ豆腐作りを体験し、実際に食べた。中学生らはスマートフォンの翻訳アプリなどを上手に活用しながら、親睦を深めた。

 また、28日は伊勢原中学校を訪問。体育館での歓迎式の後、ノヒョン中学校の生徒らは、英語や体育の授業に参加した。

 来日2回目で、初めて伊勢原市を訪れた朴慧民(ぱくへみん)さん(3年)は、「親切な人が多くて感動しました。今回の思い出を戻ったら韓国の人たちにも伝えたい」と話した。石井萌葉さん(伊勢原中3年)は、「日韓関係が良いとは言えない中、それでも来てくれてうれしかった。短い時間だけど、さらに仲良くなれて良かった」と語った。

 蜘手会長は「未来を担う青少年たちに、友好な関係を築いてほしいと思っています。一期一会を大切にしてほしい」と青少年交流の意義について語った。

武田さん(左から2番目)による豆腐作り実演
武田さん(左から2番目)による豆腐作り実演

伊勢原版のトップニュース最新6

災害廃棄物処理で協定

災害廃棄物処理で協定 政治

伊勢原市、二市組合ら4者

11月27日号

今年も“若手の力”集結

商工会青年部

今年も“若手の力”集結 経済

12月6日にPRイベント

11月27日号

あすから紅葉ライトアップ

大山

あすから紅葉ライトアップ 経済

ケーブル夜間運行も

11月20日号

ポップコーンで収入増へ

地域作業所ドリーム

ポップコーンで収入増へ 社会

施設内に工房オープン

11月20日号

重要無形文化財保持者に

笛演奏家福原洋子さん

重要無形文化財保持者に 文化

市内で初認定

11月13日号

3年連続関東出場へ

石田JVC

3年連続関東出場へ スポーツ

10年ぶりの優勝目指す

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク