伊勢原版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

大田小 豆腐づくりを体験 外部指導者招き授業

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
小鍋と固形燃料を使って豆腐づくりを体験する児童ら
小鍋と固形燃料を使って豆腐づくりを体験する児童ら

 伊勢原大山名物の「豆腐」の作り方を学ぶ授業が11月9日、市立大田小学校(北島昌人校長/全校児童数513人)で行われた。

 この授業は、同小PTA主催の「ふれあいフェスタおおた夢」にあわせて毎年行われているもので、「地域から学ぶ活動」と題して実施される学習活動の一環。グリーンインストラクターや環境美化センターの職員、地元中学生など、外部指導者を招き、各学年ごとに授業を展開している。

 豆腐作り教室は、毎年5年生を対象に行われているもので、大田地区の青少年指導員らが講師を務め、今年で15年目。この日はジュニアリーダーの中高生などもアシスタントとして協力。3クラスに分かれて、児童93人が授業を受けた。

 児童らは、大豆と水をミキサーにかけて、豆乳とおからを作る様子を実際に見て学んだ。その後、小鍋と固形燃料を使って豆乳を温め、湯葉を作り試食したほか、にがりを混ぜて豆腐を作り食べた。

 青少年指導員で同地区の代表を務める亀井道行さんは「大山の豆腐の味を知って、地域に愛着を持ってもらえたら」と話す。また、初年度から講師を務める影浦寿満子さんは「子どもたちにとっては貴重な体験。美味しいものの味を覚えておいてほしい」と語る。

 初めて豆腐作りを体験したという、5年1組の西山優杏さんは「大豆の味がして美味しかった」などと感想を話した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

綴連句の解読碑を建立

三ノ宮

綴連句の解読碑を建立 文化

心敬塚記念碑の敷地内に

12月4日号

リース素材を提供

大田地区青少年健全育成協議会

リース素材を提供 文化

クリスマスとお正月用

12月4日号

会員の健康のために

楽天会

会員の健康のために 社会

初のインフル集団予防接種

12月4日号

秋の実りに感謝

秋の実りに感謝 文化

伊勢原大神宮で新嘗祭

12月4日号

子どもたちが熱戦

少年野球

子どもたちが熱戦 スポーツ

初の6年生特別記念試合

12月4日号

レモンガスに命名権

平塚競技場

レモンガスに命名権 政治

来年2月から5年間

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク