伊勢原版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

景観写真展 市の魅力を再発見 応募作品は500点

社会

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市景観まちづくりシンポジウムが12月14日、伊勢原シティプラザで開催され「2019年度いせはら景観写真展」の表彰式が行われた。

 同展は、伊勢原の魅力を再発見し、市民相互で共有することを目的に毎年開催され、今回で10回目。今年度は「伝えたい!いせはらのすてきな景観」をテーマに市は、7月から作品を募集。小・中学生の部に381点、一般の部に122点の応募があった。

 審査は10月にイトーヨーカドー伊勢原店5階催事場で行われた「いせはら景観写真展」での公開投票と、同展審査員による協議によって決定。市長賞に櫻井千風音(ちふね)さん(石田小5年)と高山明照さん(73)が選ばれ、そのほか教育長賞、観光協会会長賞など41人の受賞者が選出された。

 小・中学生の部で市長賞に選ばれた櫻井さんの作品タイトルは「彩雲」。高森の歌川の土手で偶然目にした彩雲を撮影した。「彩雲がとても美しかったので思わずシャッターを押した。初めての応募で市長賞をとれてうれしい」と喜んでいた。

 一般の部で市長賞に選ばれた高山さんの作品タイトルは「夜桜」。夕暮れ時に大山を望む総合運動公園の夜桜を撮影した。「市長賞に選ばれてうれしい。大山が夕方の空に浮かび、さらにライトアップされた桜が幻想的だった。この写真が伊勢原のPRになれば」と感想を話した。

 表彰式の後には、市景観条例に基づく、地域景観資源への登録を推薦する魅力的な景観資源を、会場の参加者と選んだ。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook