伊勢原版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

伊勢原市消防本部 救急出動が過去最多 11年連続で増加

社会

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市消防本部がこのほど、2019年の伊勢原市内の救急・火災などの件数を発表した。救急出動件数は5371件で、2018年より206件増加。2年連続で5千件を超え、11年連続で過去最多となった。搬送人員は4794人で前年比で23人減少した。火災件数は27件で、前年比で5件減少した。

 前年対比で206件増加した救急出動件数の内訳は、一般負傷が73件、急病が63件増加した。市消防本部によると、原因の一つに2019年4月から始まった派遣型救急ワークステーションの運用が関係しているという。

 これは、救急隊を東海大学医学部付属病院に派遣し、救急救命士の病院実習を行いながら災害対応するもの。医師と救急隊員との連携を強化することで、救命率の向上などを目的に導入された。これによって病院からドクターを乗せて現場へ向かう救急隊と、消防署から現場へ向かう隊員の件数などが加算されたことが一例にあげられる。

 また月別では8月の545件が最も多く、熱中症などの出動が多かった。2番目は1月の513件で、インフルエンザや風邪などの影響があった。一方減少したのは、交通事故が45件減少し350件、火災が6件減少し10件、労働災害が5件減り44件だった。

 搬送人員は前年比で23人減少し、4794人だった。内訳は成人が134人減少したものの、65歳以上の高齢者が95人増加。割合が最も多く、全体の6割を超えた。市消防本部の担当者は「救急車の適正利用を呼び掛けてきたが、まだ一部で急を要さないケースもあるので、引き続き協力をお願いします」と呼び掛ける。

 火災件数については昨年は5件減少し27件。内訳は車両火災、林野火災、その他の火災が前年と同じだったが、建物火災が5件減少した。市消防本部は減少した理由について、「火災予防に関する啓発や指導を行い、自主的な防災意識の高揚を促した結果が市民一人ひとりの意識の向上につながったのでは」とコメントした。

伊勢原版のトップニュース最新6

一般会計は344億円

伊勢原市予算案

一般会計は344億円 政治

6年連続で過去最大

2月21日号

災害に備え EV活用

伊勢原市

災害に備え EV活用 政治

日産と電力供給で協定

2月21日号

大山道で連携深める

まちづくりサミット

大山道で連携深める 文化

歴史・文化的価値を共有

2月14日号

3選手がJリーグへ

産業能率大サッカー部

3選手がJリーグへ スポーツ

入団発表で活躍誓う

2月14日号

目標は「昨年超え」

かながわ駅伝

目標は「昨年超え」 スポーツ

9日 午前9時号砲

2月7日号

“日向石” 復活へ始動

“日向石” 復活へ始動 文化

歴史・文化を後世に伝承

2月7日号

介護者に憩いの場

ほっとカフェ

介護者に憩いの場 社会

歌声喫茶などで交流

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク