伊勢原版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

向上高校間宮綾菜さん 総文祭で県知事賞 8月に全国へ出品

教育

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
県知事賞に輝いた作品と間宮さん
県知事賞に輝いた作品と間宮さん

 向上高校書道部の間宮綾菜さん(2年・足柄上郡在住)が、このほど開催された神奈川県高等学校総合文化祭の書道展で、最高賞に値する県知事賞を受賞した。間宮さんは、8月に高知県で開催される全国高等学校総合文化祭に県代表の一人として作品を出品する。

 県高等学校総合文化祭は、県内の文化部が日頃の練習や研究の成果を発表・展示するもの。間宮さんは、手本を模写する「臨書部門」に出品。「趙之謙(ちょうしけん)」という中国清時代の書家の手本を4種類の書体で模写し、県内各校から出品された約950点の中から県知事賞に輝いた。

 昨年9月から制作に取り掛かった。出品したのは幅60cm、長さ2m40cmの作品で「墨色が黒く、一本一本文字が太いのが特徴の趙之謙。文字を大き過ぎず、細過ぎないように書くことに気を付けた」と話す。

 総文祭までの3カ月間、授業前の朝と放課後の部活動で繰り返し書き続けたという。

 昨年は同文化祭「大作部門」で2位に輝いた間宮さん。今回の県知事賞に「まさかという感じで、驚いている。今の実力を試すつもりで臨んだので、うれしい」と喜びを話す。現在は全国総文祭に向け、修正を重ねながら日々作品作りに集中している。

 高1から書道

 中学では陸上部に所属し、砲丸投げや短距離走の選手として活動してきた間宮さん。しかし高校で書道パフォーマンスを見て、もともと歴史が好きで、書道や茶道など日本の文化に興味があったことから「やってみたい」と入部したという。初の全国規模の作品展を控え「支えてくれた顧問の先生、家族、仲間に感謝を込めて作品と向き合う。持ってる力を出して、それが全国でも結果につながればうれしい」と意気込みを話した。

樹木葬霊園 愛甲石田 

4月17日(土)18日(日)に現地見学会開催!ペットと一緒もOK!

https://www.fujimishikiten.co.jp/publics/index/31/detail=1/b_id=53/r_id=212/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

大谷信次さんが受賞

社会教育功労者表彰

大谷信次さんが受賞 社会

青少年教育活動が評価

4月9日号

イセハライクが最優秀賞

かながわ観光動画コンテスト

イセハライクが最優秀賞 経済

「信仰の山、大山」紹介

4月9日号

190人が人事異動

伊勢原市

190人が人事異動 政治

部長職に4人就任

4月2日号

小規模事業者に10万円

伊勢原市

小規模事業者に10万円 経済

コロナ対策で臨時給付金

4月2日号

県優良衛生技能者で表彰

北京亭沙一範さん

県優良衛生技能者で表彰 社会

市内で唯一の受賞

3月26日号

伝統文化を次世代に

リ・古典プロジェクト

伝統文化を次世代に 文化

倭舞と巫子舞の動画公開

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク