伊勢原版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

漫画「相模伊勢原 大山寺誕生物語」を刊行した 笠原 清隆さん 下平間在住 84歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

何事も一所懸命に

 ○…伊勢原郷土史研究会の会員として学ぶ中、同会の講師である川島敏郎氏の著書『定本 大山寺縁起絵巻上・下』に感銘を受けたことがきっかけで漫画を刊行した。「大山信仰の起源になった大山寺誕生の物語を多くの方に読んで頂き、大山寺の歴史に親しんでもらいたい」と話す。

 ○…新潟県出身。英語が好きで中学のテストは常に95点以上だったという。高校卒業後上京し、英文専門の印刷会社に就職。26歳で結婚し、長男誕生を機に伊勢原へ。38歳でカサハラ印刷を立ち上げ、大使館関係からスポーツ雑誌まで幅広く手掛けた。何事も一生懸命な姿が好感を持たれ、関わる人々を惹きつけた。独立後に手掛けたクレー射撃協会の冊子製作では、国際大会で選手の通訳から記録係なども依頼されたという。「これからは地域への恩返しに、社会貢献する」と70歳で会社を次男へ譲り会長に。奉仕団体の活動などに積極的に参加してきた。「人に迷惑をかけないことだけを心掛けてきた。皆さんに良くしてもらいました」と微笑む。

 ○…伊勢原に住み始め年月が経つと、たくさんの神社や寺があることに気が付いた。仕事を通じて伊勢原の歴史と関わってきたが、「もっと歴史を学びたい」と4年ほど前に郷土史研究会へ。市の歴史を紹介する冊子や郷土史を学ぶうちに、自分なりの郷土史を作りたいと思うようになった。一昨年、大山寺誕生の話をイベントなどで朗読したことが評判を呼び、漫画化に繋がった。

 ○…勉強が好きで、今は、平家物語や歎異抄を読み返している。ほかにも次の漫画や、知人の家系図製作などで忙しい。「一昨年に事故で生死をさまよったが、神様に生かされた。これからも人の役にたてるよう頑張りたい」と笑顔で話した。

伊勢原版の人物風土記最新6

山口 妙子さん

中央公民館で9月30日までシャドーボックス展を開催している

山口 妙子さん

52歳

9月17日号

豊 雅昭さん

「雨岳民権の会」の代表を務める

豊 雅昭さん

73歳

9月10日号

小澤 孝康さん

竹を使ったワークショップなどを手掛ける

小澤 孝康さん

西富岡在住 38歳

9月3日号

宮入 貴幸さん

いせはらヒトつなぎプロジェクトを主宰する

宮入 貴幸さん

伊勢原在住 32歳

8月27日号

今野 優一さん

全国大会出場を決めた軟式野球チーム、Ninetynine'sの監督兼代表を務める

今野 優一さん

白根在住 22歳

8月20日号

岡西 雄哉さん

伊勢原トレセンU―11の監督を務める

岡西 雄哉さん

 23歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook