伊勢原版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

成瀬活性化委員会 国交大臣表彰を受賞 「みどりの愛護」功労者で

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
愛甲石田駅前ロータリー広場で草刈りや清掃活動をする会員ら(写真提供=同委員会)
愛甲石田駅前ロータリー広場で草刈りや清掃活動をする会員ら(写真提供=同委員会)

 愛甲石田駅周辺を中心に活動する地元の有志団体、成瀬活性化委員会がこのほど、第31回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した。同委員会は「私たちのまちは私たちの手で」を合言葉に、会員同士で力を合わせて駅前ロータリー広場の花壇整備や草刈り、清掃などを継続的に行っており、地域のまちづくりにつなげる取り組みが高く評価された。

 同賞は、花と緑の愛護に顕著な功績があった民間団体に対して、その功績をたたえるもので、今回は全国から115の団体が受賞した。

 成瀬活性化委員会は、2009年3月に設立。自治会や商工会などが集まる会合で、「地域のために何かやろうか」と話題になったことがきっかけ。「健康で明るく」「安心で安全な地域」「地域の関わりの再生」を目標に、現在は約50人の会員が地域の活性化活動に取り組んでいる。

駅前清掃など継続

 同委員会の主な活動は、年6回行う愛甲石田駅前ロータリー広場周辺の花壇整備や草刈り、清掃。会員や地域住民、日産自動車の社員などが毎回60人ほど参加する。

 また、地域内にある10カ所の公園それぞれに愛護会をつくり、公園を管理。ほかにも、地域団体と連携して駅南口ロータリーふれあい祭や、毎週日曜日の朝にラジオ体操を開催するなど、地域のまちづくりにつなげる取り組みを実践している。同委員会の活動は、県がこのほどまとめた「かながわコミュニティ再生・活性化事例集」でも紹介されている。

 同委員会の足立安章会長(79)は、「この度の受賞は、大変光栄なこと。これからも子どもからお年寄りまで、活気にあふれ、みんなが笑顔で暮らせる成瀬地域のために、仲間を増やしながら頑張っていきたい」と話した。

 表彰は5月16日(土)に福井県福井運動公園で開催される第31回全国「みどりの愛護」のつどい内で実施される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で式典は中止となった。
 

会長の足立安章さん
会長の足立安章さん

伊勢原版のトップニュース最新6

市民参加でアート制作

市制施行50周年事業

市民参加でアート制作 社会

写真で「浮世絵」再現

3月5日号

市民活動をwebで支援

アイサポ

市民活動をwebで支援 社会

市と協働イベントを企画

3月5日号

農業にドローン活用へ

大田地区土地改良区

農業にドローン活用へ 経済

県内初の本格導入めざす

2月26日号

ワクチン接種へ体制整備

市議会

ワクチン接種へ体制整備 政治

高山市長が施政方針

2月26日号

一般会計は328億円

伊勢原市予算案

一般会計は328億円 政治

9年ぶりに減少

2月19日号

ワクチン接種へ準備着々

伊勢原市

ワクチン接種へ準備着々 政治

集団と個別 2体制で調整

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク