伊勢原版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

戦後75年 「語り継ぐ」時代見つめ 東海大 水島教授が本出版

社会

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
著書を持つ水島教授
著書を持つ水島教授

 東海大学文化社会学部広報メディア学科の水島久光教授(58)が『戦争をいかに語り継ぐか 「映像」と「証言」から考える戦後史』(NHK出版・1500円+税)を6月25日に出版した。水島教授は著書を通じて、これまでテレビ等のメディアが記録してきた映像資料や証言から「あの戦争はなんだったのか」という問いへの「対話」を生み出したいとしている。

 「2020東京五輪の影に、戦後75年が埋もれてしまうという危機感があった」と筆をとった水島教授。終戦時18歳だった父を持つ自らを「戦後第一世代」と称し、語り手なき時代へと突入する今、資料の理解や知識を深めていく上で「重要な世代」と繰り返す。

 伊勢原市の中学生と共に広島訪問するなど、戦争を知らない若い世代の平和学習に携わる機会も多い。時が経つにつれ、子どもたちが戦下で起きたことについて、自分事として理解するのは困難になっている。水島教授は「僕は戦争は知らないけど、上野の傷痍軍人や荒川河川敷のバラックを当たり前の景色として見てきた。そんな経験が、戦争を語る側と聞く側の架け橋になると思う」と期待する。

 水島教授は「どんな人の死であっても、僕たちは弔うことをして生きてきた。それができないのが戦争。災害やコロナとも通じる視点だと思う」と、現代の感性から戦争を見つめていく。

伊勢原版のローカルニュース最新6

塩浦選手が活躍誓う

五輪競泳代表

塩浦選手が活躍誓う スポーツ

高山市長を訪問

5月7日号

新部長に小宮健太郎氏

新部長に小宮健太郎氏 経済

商工会青年部が総会

5月7日号

2年ぶり 勇壮な神輿渡御

2年ぶり 勇壮な神輿渡御 社会

三之宮比々多神社で例祭

5月7日号

子どもの虐待防ぐ

参加者募集

子どもの虐待防ぐ 社会

ボラ養成の基礎講座

5月7日号

交通安全を学ぶ

交通安全を学ぶ 教育

なるせ保育園で教室

5月7日号

5月分 わずか1日で終了

ワクチン集団接種

5月分 わずか1日で終了 社会

電話・サイト予約が殺到

5月7日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter