伊勢原版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

夏山シーズンが到来 規模縮小し27日に開扉祭

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
登拝門を開けるお花講(提供/大山阿夫利神社)
登拝門を開けるお花講(提供/大山阿夫利神社)

 大山が最もにぎわう夏山シーズンが今年もやってきた―。

 7月27日(月)には大山阿夫利神社下社から山頂へと続く道の入り口にある登拝門で、大山三大講の一つ、東京日本橋の「お花講」が門を開放する儀式を行う。

 古来より神の宿る霊山として栄えてきた大山。山頂への登拝は、7月27日から8月17日までの夏山の時期以外禁止されていた。しかし明治初期の神仏分離や、登拝者の増加で徐々に規制が緩められ、1965年に国定公園に指定されたことを機に、年間を通して登拝ができるようになった。

 登拝門の開扉は鍵をもつお花講が行うもので、元禄時代から受け継がれている。お花講は指物師や家具関係の職人集団で組織されたもの。現在は2つの企業がお花講を組織し伝統を守っている。

今年は10人で

 お花講の社中は、元禄時代から先導師旅館「宿坊かげゆ」を利用している。毎年50人ほどが参加し、27日の早朝に山頂をめざしてご来光を拝み、下山後、阿夫利神社下社で隊列を組み直し、「さんげ、さんげ、六根清浄」と唱えながら登拝門へ向かう。門前で同神社の神職によるお祓いを受けた後に門の鍵を開け、階段を上り、その後下社で参拝を行う。

 同神社によれば、今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、例年50人ほどが参加するが、今年は講の役員10人ほどの参加で開扉式を行い、その後の式典も規模を縮小して執り行う予定だという。

 かげゆの先導師・内海正志さんは「元禄時代から続く伝統行事。今年は残念だが来年は元通りになることを願う」と話す。また先導師会旅館組合の武田安司組合長は「各旅館ではコロナ対策をしっかりしてお待ちしています」と呼びかけている。

伊勢原版のローカルニュース最新6

塩浦選手が活躍誓う

五輪競泳代表

塩浦選手が活躍誓う スポーツ

高山市長を訪問

5月7日号

新部長に小宮健太郎氏

新部長に小宮健太郎氏 経済

商工会青年部が総会

5月7日号

2年ぶり 勇壮な神輿渡御

2年ぶり 勇壮な神輿渡御 社会

三之宮比々多神社で例祭

5月7日号

子どもの虐待防ぐ

参加者募集

子どもの虐待防ぐ 社会

ボラ養成の基礎講座

5月7日号

交通安全を学ぶ

交通安全を学ぶ 教育

なるせ保育園で教室

5月7日号

5月分 わずか1日で終了

ワクチン集団接種

5月分 わずか1日で終了 社会

電話・サイト予約が殺到

5月7日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter