伊勢原版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

いせはら観ボラ 市の魅力を再発見 新会長に山口さん

社会

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
新会長の意気込みを話す山口さん
新会長の意気込みを話す山口さん

 いせはら観光ボランティアガイド&ウォーク協会(通称/観ボラ)の総会が6月24日に開催され、新会長に上粕屋在住の山口靖之(のぶゆき)さん(81)が就任した。

 1998年に設立された同協会。35人でスタートし、現在会員は156人で、60代から80代までが在籍している。

 主な活動は会員同士で企画する、市内外を巡るガイドウォークや、市観光協会や個人・団体から依頼されて大山や、太田道灌ゆかりの地を巡るガイドのほか、紅葉や彼岸花の季節の際のガイドなど多岐にわたる。

協会の設立メンバー

 山口さんは観ボラ設立時のメンバー。定年を目前に控えた59歳の時、会社の先輩で、同協会の会長も務めた篠原啓介さんから誘われたのがきっかけで入会。退職後に何をするか考えていた時だったこともあり快諾したという。「歴史に興味があったわけではなかった。人のためになるのが好きなんです」と笑う。

 高校時代から柔道で身も心も鍛錬してきた山口さん。市柔道協会の会長も13年ほど務めた経験もある。現在はコロナ禍で休止中だが、子どもたちの指導も行っている現役の柔道家だ。「子どもたちが柔道を通じて人として大きく成長していく姿を見るのが何よりもうれしい」と話す。

 ほかにも伊勢原手作り甲冑隊のメンバーとしても活躍する山口さん。同隊の発足時のメンバーでもあり、隊長も務めてきた。「柔道、甲冑隊、観光ガイドと一見バラバラなようだけれど、人に喜んでもらえるという点で皆繋がっている。ガイド後の『ありがとう、また来たい』の言葉は何よりもうれしい」。

外国語ガイドの育成

 今年度は5年前から始めた外国語ガイドの育成に力を入れるほか、市の地域景観資源の登録が「100件」になるよう提案していく計画だという。「見過ごされている市の魅力を再発見し、新しいガイドコースも作りたい」と意気込む。新会長としては若い世代とのつなぎ役に徹する。「協会の存続のためにも人材育成が必要ですからね」。今後の手腕に期待が集まる。

伊勢原版のローカルニュース最新6

塩浦選手が活躍誓う

五輪競泳代表

塩浦選手が活躍誓う スポーツ

高山市長を訪問

5月7日号

新部長に小宮健太郎氏

新部長に小宮健太郎氏 経済

商工会青年部が総会

5月7日号

2年ぶり 勇壮な神輿渡御

2年ぶり 勇壮な神輿渡御 社会

三之宮比々多神社で例祭

5月7日号

子どもの虐待防ぐ

参加者募集

子どもの虐待防ぐ 社会

ボラ養成の基礎講座

5月7日号

交通安全を学ぶ

交通安全を学ぶ 教育

なるせ保育園で教室

5月7日号

5月分 わずか1日で終了

ワクチン集団接種

5月分 わずか1日で終了 社会

電話・サイト予約が殺到

5月7日号

CIZA伊勢原店

ゆったりした店内が人気!日替わり丼などテイクアウトも好評!

http://www.a-bowl.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter