伊勢原版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

伊勢原市長選挙 小林氏が立候補表明 「希望あるまちへ」

政治

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
記者会見する小林氏=8月28日
記者会見する小林氏=8月28日

 任期満了に伴い9月13日告示、20日投開票で行われる伊勢原市長選挙に、新人で元市議の小林京子氏(68)が8月28日、市民文化会館で記者会見を行い、無所属で立候補する意向を明らかにした。同選挙への立候補表明は、現職の高山松太郎氏(70)に続き2人目。(9月1日起稿)

 小林氏は日本共産党の推薦を受け、社民党も推薦を検討している。また、政治団体「希望ある伊勢原をつくる市民の会」を立ち上げ、市民団体や個人、政党などが参加する。

 会見で小林氏は「教育や福祉が他市に比べ遅れているのを実感している」とし「中学3年生までの小児医療費の無償化や、新型コロナウイルス感染症への対策などが遅すぎる。本気度が感じられない。市長を変えるしかないという思いでいっぱいになった」と立候補の理由を述べた。

 最重要課題として新型コロナ対策を挙げ、「国の交付金と市の財政調整基金を使い、医療機関や介護施設など集団感染リスクの高い施設でのPCR検査の実施や、小規模事業者への事業費補助などを行う」とした。

 取り組む政策として、中学校給食の自校式実現や国保税の引き下げ、コミュニティバスのサービスの拡充などを掲げる。「現市政は市民の暮らしに寄り添わず、背を向けている」とし、「市を希望のあるまちに変え、生活を守るための施策を実現したい」と話した。

 小林氏は1951年、平塚市生まれ。平塚江南高校、聖徳短期大学保育科を卒業。結婚後に伊勢原へ。幼稚園教諭や病院給食調理員などを経て、1999年の伊勢原市議会議員選挙で初当選。市議を4期16年務めた。小稲葉在住。

 市選管によると、9月1日時点の選挙人名簿登録者は、8万3849人(男4万2577人・女4万1272人)。

伊勢原版のトップニュース最新6

子育て支援の拠点開設

つどいの広場いせはら

子育て支援の拠点開設 社会

大原保育園内に

10月23日号

看板4選手が出場

谷山ジム

看板4選手が出場 スポーツ

スーパーBigbang

10月23日号

市民参加でモザイクアート

市制施行50周年事業

市民参加でモザイクアート 社会

写真を募集中

10月16日号

今年度工事始まる

運動公園再生修復整備

今年度工事始まる 社会

一部利用制限エリアも

10月16日号

広報連携企画が始動

県央8市町村

広報連携企画が始動 経済

リレー動画を公開

10月9日号

今年もハロウィーン企画

伊勢原駅前中央商店会

今年もハロウィーン企画 コミュニティ経済

24日・25日に駅前広場

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク