伊勢原版 掲載号:2020年9月11日号 エリアトップへ

日向石のタイル完成 地域資源活用で産業復活

文化

掲載号:2020年9月11日号

  • LINE
  • hatena
玄関の飾り棚の壁に採用されたタイル
玄関の飾り棚の壁に採用されたタイル

 市内日向地区で、約50年前まで採石されていた「日向石」を活用した、住宅用建材のタイルがこのほど完成し、市内の新築住宅で初めて取り入れられた。

 この取り組みは、日向石の産業を復活させ、歴史や文化を後世に伝承する民間のプロジェクトの一環。市内桜台にある(有)小山建築設計事務所の一級建築士、荻野貴文さん(34)と、上粕屋に本社・工場を置く(有)成瀬石材店の代表取締役、成瀬善之さん(41)の2人が中心となってプロジェクトを進めている。

大山とこまモチーフ

 同プロジェクトでは、今年1月に日向石の原石を搬出して調査。石を割って中心部が青いことなどを確認した。今回はこの原石を活用し、建築材料に応用。幅7cm×高さ3・5cmのタイルは、凸部を上に向けると「大山」、下に向けると「大山こま」をモチーフにしている。

 このタイルは、(株)高井工務店が施工した市内の新築邸宅で採用。玄関の飾り棚の壁に約200枚が使われ、間接照明とともに玄関を明るく華やかにさせている。また、同邸宅の玄関アプローチにも、日向石の古材が再利用された。

 荻野さんは「かつては日向石が各家庭に存在し、伊勢原の文化や風景を作っていたと思う。今後、日向石が少しずつでも地域で取り入れられ、街に一体感が出せたら」と語る。

 同プロジェクトでは、大山を模った箸置きの商品化もめざしている。成瀬さんは「これからも多くの人の目に触れる機会を作っていきたい」と話した。

 日向石は日向地区で採掘される凝灰岩。約350年前に石切場が開発され、近隣の厚木市七沢地区、清川村煤ヶ谷地区と並んで、大山の東側で採石が盛んに行われてきた。他の産地から石材を購入し、加工するようになったことで、日向石は採石されなくなった。

伊勢原版のローカルニュース最新6

市内飲食店らが出店

市内飲食店らが出店 社会

YAMATOYAで催し

10月16日号

再生家具などを販売

再生家具などを販売 社会

リサイクルフェア

10月16日号

ワシの育て子原画展

ワシの育て子原画展 社会

市立図書館

10月16日号

来年4月、暫定的駐車場に

来年4月、暫定的駐車場に 社会

旧青少年センターが解体工事

10月16日号

「開催できたことに感謝」

「開催できたことに感謝」 文化

のびのび描こう会

10月16日号

札幌に逆転負け

ベルマーレ

札幌に逆転負け スポーツ

金子大毅に今季初ゴール

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 8月21日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク