伊勢原版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

市民が自作の楽器寄贈 市制施行50周年を記念

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
寄贈されたベースを紹介する市職員
寄贈されたベースを紹介する市職員

 伊勢原市市制施行50周年を記念し、市民が自作したオリジナルのベースが、このほど市に寄贈された。

 ベースは木製で、ボディが伊勢原市、ヘッドは神奈川県の形をしている。ネック部分には「伊勢原市市制施行50周年記念」の文字があしらわれている。

 ボディ部分には小田急線や国道246号、新東名高速道路などが彫られていて、電源を入れると小田急線が光るようになっている。さらに日向薬師や三之宮比々多神社、大山阿夫利神社など市内の主要な観光スポットの位置に極小のライトが埋め込まれていて、光る仕様になっている。

 市広報戦略課の担当者によると、寄贈者本人の意向で氏名や年齢、性別など個人情報は非公表だが、寄贈者は「形が複雑で試行錯誤を繰り返した。構想から1年ほどかけて完成した。市のPRに役立ててほしい」と話しているという。

 寄贈者は一昨年9月にクルリンのオリジナルギターも寄贈しているという。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

林文子さんが体験語る

林文子さんが体験語る 経済

ロータリー奉仕デー

5月13日号

若竹のようにすくすくと

伊勢原大神宮で若葉祭

若竹のようにすくすくと 文化

5月13日号

カラーチューブを車いすに

秦野理容組合

カラーチューブを車いすに 社会

SDGs活動で社会貢献

5月13日号

子どもの虐待を防止

参加募集

子どもの虐待を防止 教育

ボランティア養成講座

5月13日号

ランチタイムコンサート

申込受付中

ランチタイムコンサート 文化

5月18日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook