伊勢原版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

日向に黄色の絨毯 市民有志が植栽

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
菜の花を植栽した渡会さん(右)と仲間たち=2月19日に撮影
菜の花を植栽した渡会さん(右)と仲間たち=2月19日に撮影

 日向薬師バス停留所近くの休耕田で菜の花が咲き誇り、道行く人々の目を楽しませている。

 菜の花を植栽したのは市内東大竹在住の渡会庸夫さん(70)と渡会さんが加入している「山の会」の有志メンバーなど10人ほど。

 渡会さんらは、2015年から一昨年まで同所であやめを栽培していた。しかしあやめの花の根が弱ってしまったことから昨年すべて撤去。秋に「黒川ちりめん」と「江月」の2種類の菜の花の種を植え、草刈りや間引きなどを仲間とともに定期的に行い管理してきた。

 菜の花の植栽を思いついたのは、渡会さんが司馬遼太郎のファンで、同氏の長編小説「菜の花の沖」がすぐに頭に浮かんだからという。「日向を訪れた方が『伊勢原は良いところ』と感動してもらえるような場所にしたくて活動している。今後は辺り一面が黄色の花でいっぱいになるように広げていきたい」と話す。

 同所は秋に彼岸花の名所として知られる場所。渡会さんは「秋だけでなく春も日向に多くの人が訪れてくれたらうれしい。伊勢原は大山だけでなくほかにも良い場所があることを知ってもらえれば」と話した。渡会さんによれば菜の花は、今週末が見頃だという。
 

伊勢原版のローカルニュース最新6

西湘さつき愛好会が催し

西湘さつき愛好会が催し 社会

中央公民館で28日、29日

5月20日号

伊勢原を明るく元気に

伊勢原を明るく元気に 社会

湘南イセハライチが盛況

5月20日号

40人が熱戦繰り広げる

伊勢原みちのく会

40人が熱戦繰り広げる 社会

30周年の記念大会

5月20日号

収益金で20万円寄付

チャリティーコンサート

収益金で20万円寄付 社会

ウクライナの子どもへ

5月20日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月20日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook