伊勢原版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

伊勢原産 甘さ粒ぞろい デラウェアが収穫期

経済

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原産のブドウ「デラウェア」の収穫が、最盛期を迎えている。7月22日から販売が始まり、8月上旬まで市内の直売所などに並ぶ。

 JA湘南果樹部会伊勢原支部長、和田新一さん(58)は、市内田中の畑6アールで、デラウェアを栽培=写真。この時期は朝5時ごろから畑に出て収穫に励んでいる。

 今年は春先の気温が高かったことや、梅雨明けが早かったことなどから「酸味が少なく、糖度が順調にのっている」という。「伊勢原で昔から栽培しているブドウは、味の評判が良い。市民の皆さんにぜひ一度味わって頂けたら」と話した。

 JA湘南によると、果樹部会の伊勢原支部には83人が所属。デラウェアの栽培面積は、120アールになるという。JAの直売所、あふり〜な伊勢原店や比々多店で販売している。

フルーツの里

 市内では、昔からブドウやナシの栽培が盛んで、県内でも有数の収穫量を誇り、「フルーツの里」としても有名。ブドウはデラウェアにはじまり、巨峰やピオーネ、シャインマスカットなどを栽培。ナシは幸水や豊水などが栽培され、順次直売所に並ぶ。

伊勢原版のローカルニュース最新6

ドナー登録を呼び掛け

ドナー登録を呼び掛け 社会

伊勢原ライオンズクラブ

10月22日号

合同で就職説明会

合同で就職説明会 経済

市内幼稚園、保育園

10月22日号

駅周辺で吸い殻清掃

駅周辺で吸い殻清掃 社会

たばこ販売促進協議会

10月22日号

保育園児が収穫体験

保育園児が収穫体験 社会

大田地区GCと交流

10月22日号

市内団体が動画投稿

バーチャル解放区

市内団体が動画投稿 社会

県HPで31日まで視聴可

10月22日号

2部制で実施

2部制で実施 文化

22年成人式

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook