伊勢原版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

伊勢原市柔道協会の会長を務める 松本 鉄雄さん 沼目在住 66歳

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena

努力は必ず報われる

 ○…2021年度県体育功労者表彰・団体の部を受賞した伊勢原市柔道協会。1956年の設立以来、小学生大会や市民総体など長きにわたり柔道の普及に努めてきたことが評価された。協会には小学生を中心に約40人が在籍。現役警察官や教員なども指導者として参加する。「歴代会長の尽力のおかげ。受賞をはげみにさらに精進し、次の世代につなげていきたい」と喜びを語る。

 ○…伊勢原で生まれ、小・中学校を秦野で過ごした。中学ではバレーボール部に所属したが、進学した秦野高校では柔道部へ。監督と父親が知り合いだったことが縁だったという。体育教員をめざし日本体育大学へ。柔道部は全国の強豪校から入部した猛者たちばかり。「100kg超の選手がたくさんいて、ついていくのがやっとだった。寮で寝食を共にしたことで仲間との絆が生まれた。今でも連絡を取っている」と笑う。

 ○…大学在学中に柔道整復師の資格を取得。卒業後25歳で接骨院を開業した。柔道協会に入ったのは30代の初め。自身が大会に出場するため、練習していたところを誘われた。以来約30年。会長に就き20年が経つ。子どもたちには、相手を思いやる気持ちを持つこと、努力は必ず報われることを伝えてきた。自身も現役で6段。7段取得に向けて稽古に励む。「柔道を通じて多くの出会いがあった。継続してきたことが財産」と話す。

 ○…接骨院の仕事と週2回の稽古、週末は大会の審判員を務めるなど多忙を極める。空いた時間の楽しみは読書だ。父親が所有していた源氏物語を読んでから古典や歴史が好きになったという。時には妻と一緒に実際に史跡や寺を巡ることもある。「読書は知らない世界を知ることができて楽しい」と目を輝かせた。

伊勢原版の人物風土記最新6

鳥海 増雄さん

いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会の会長に就任した

鳥海 増雄さん

沼目在住 76歳

5月20日号

金澤 雅義さん

伊勢原市吟剣詩舞会の会長を務める

金澤 雅義さん

高森在住 77歳

5月13日号

小嶋 鉄平さん

伊勢原駅前のゴミ拾い活動を行う「+プラス活動」のリーダーを務める

小嶋 鉄平さん

桜台在勤 37歳

5月6日号

亀井 貞之さん

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める

亀井 貞之さん

下谷在住 85歳

4月22日号

成瀬 善之さん

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める

成瀬 善之さん

岡崎在住 43歳

4月15日号

雫石 啓祐さん

運用を再開した大田駐在所に勤務する

雫石 啓祐さん

下谷在住 37歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook