伊勢原版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

高部屋神社の石積み改修を行った成瀬石材店の代表を務める 成瀬 善之さん 岡崎在住 43歳

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

日向石を後世に伝える

 ○…270年前の日向石が使われていた高部屋神社の石積み改修を手がけた。かつて日向地区で採れた日向石の歴史や文化を後世に残そうと、石を再利用した。石積みの改修は自身初めて。着工前に、香川県の丸亀城修復現場に足を運んで修復方法を学んだ。「昔ながらの景観を守りつつ、安全に配慮した石積みができた。自分にとっても勉強になった」と満足げに話す。

 ○…創業150年を超える成瀬石材店に生まれた。高部屋小学校、山王中学を経て日大藤沢高校へ。大学では土木を学び、卒業後は道路工事の施工管理会社へ入社した。「家業を継ぐことは子どもの頃から決めていた。小学校の文集に、将来石屋になると書いていた」と笑う。結婚を機に25歳で実家に戻り、3年前に代表取締役に就任。

 ○…40歳まで所属した商工会青年部での活動を通じて、街に愛着が生まれ、卒業後も街の役に立つことを続けたいと考えるように。2年前友人に、「日向石を使った建築をしたい」と相談を持ち掛けられ、「自分にしかできない」と思い、2人で日向石復興プロジェクト「サニーオン」を立ち上げた。50年前まで採掘していた日向石の歴史や石工文化などを後世に伝えるため、イベントに出店し、ワークショップを開催する。「日向石の存在を知ってくれる人は増えた。将来的には石材としての需要が生み出せたら」と語る。

 ○…2児の父親。休日は家庭サービスに時間を費やす。家族の理解があってプロジェクトの活動ができているという。妻がSNSでの情報発信を手助け。「プロジェクトは儲からないし綺麗ごとかもしれないがそれで良い。生まれ育った街のために胸を張って綺麗ごとを続けていきたい」と笑顔で語った。

伊勢原版の人物風土記最新6

萩原 鉄也さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長にこのほど就任した

萩原 鉄也さん

小稲葉在住 55歳

6月24日号

武 勝美さん

伊勢原市PTA連絡協議会の広報講座を30年務めた

武 勝美さん

秦野市在住 85歳

6月17日号

ミエリョウジさん(本名:齊藤良治)

市立図書館ミニギャラリーで作品展を開催する

ミエリョウジさん(本名:齊藤良治)

厚木市在住 40歳

6月10日号

和田 育巴(やすは)さん

よさこいダンスチーム東海大学 響(ひびき)の代表を務める

和田 育巴(やすは)さん

理学部物理学科3年 20歳

6月3日号

岩崎 祥行さん

伊勢原市私立幼稚園協会会長に就任した

岩崎 祥行さん

桜台在住 43歳

5月27日号

鳥海 増雄さん

いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会の会長に就任した

鳥海 増雄さん

沼目在住 76歳

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook