伊勢原版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

れんげ祭りを主催する「ふるさと大田を守り楽しむ会」の会長を務める 亀井 貞之さん 下谷在住 85歳

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena

原動力は「郷土愛」

 ○…地域住民との交流を目的に、市内下谷の大田地区土地改良区のほ場で毎年開催してきたれんげ祭り。主催する「伊勢原市ふるさと大田を守り楽しむ会」は、同土地改良区の会員で組織されている。祭りは、場内の散策や花摘みが自由にできるとあり、毎年3千人ほどが市内外から訪れるゴールデンウイークの風物詩になっている。「今年も会のメンバーの協力のおかげで祭りが開催できる。ぜひ多くの方に足を運んでもらえれば」と呼びかける。

 ○…下谷の農家の長男として生まれる。平塚農業学校を卒業して以来、農業一筋、今も米作りに精を出している。幼少期は周りの友人が野球をしている中、自身は牛を使い農作業に勤しんでいた。「体を動かすことが好きだったから野球がやりたかった。でも周りの大人から親を手伝って褒められるから、嫌ではなかった」と懐かしむ。

 ○…2011年に副理事長を経て同改良区の理事長に。16年には県内初の太陽光発電設備を設置したほか、昨年は農業用ドローンを導入するなど先進的な農業に取り組んでいる。「設立して20年。理事長などの役員職も、れんげ祭りの開催も、すべては郷土愛。生まれ育った土地への恩返しの思いが強い」とほほ笑む。頼まれると断れない性格で、どんな事にも誠実に接し、無欲でいることを心掛けてきた。

 ○…旅行が趣味。自ら車を運転して温泉地を訪れ、美味しい料理に舌鼓を打つのが楽しいという。「これまで健康でいられたのは10年前に他界した妻のおかげ。本当に良くしてくれたんです」と照れ臭そうに話す。若さの秘訣は、人前に出ることによる緊張感とクヨクヨ悩まないこと。これからも郷土愛を貫き、愛する伊勢原を後世に伝えていく。

伊勢原版の人物風土記最新6

萩原 鉄也さん

認定NPO法人地域福祉を考える会の理事長にこのほど就任した

萩原 鉄也さん

小稲葉在住 55歳

6月24日号

武 勝美さん

伊勢原市PTA連絡協議会の広報講座を30年務めた

武 勝美さん

秦野市在住 85歳

6月17日号

ミエリョウジさん(本名:齊藤良治)

市立図書館ミニギャラリーで作品展を開催する

ミエリョウジさん(本名:齊藤良治)

厚木市在住 40歳

6月10日号

和田 育巴(やすは)さん

よさこいダンスチーム東海大学 響(ひびき)の代表を務める

和田 育巴(やすは)さん

理学部物理学科3年 20歳

6月3日号

岩崎 祥行さん

伊勢原市私立幼稚園協会会長に就任した

岩崎 祥行さん

桜台在住 43歳

5月27日号

鳥海 増雄さん

いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会の会長に就任した

鳥海 増雄さん

沼目在住 76歳

5月20日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook