伊勢原版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

伊勢原高校ライフル射撃部 県予選好成績で全国へ 最後の大会で躍進誓う

スポーツ

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
全国行きを決めた石井さん(左)と吉永さん
全国行きを決めた石井さん(左)と吉永さん

 県高等学校総合体育大会ライフル射撃競技兼全国高等学校ライフル射撃競技選手権県予選(インターハイ予選)が6月11、12日に伊勢原射撃場で行われ、ビームライフル女子個人の部で伊勢原高校ライフル射撃部の石井椿香さん(3年)が2位、吉永祐香さん(同)が5位で、7月28日(木)から広島県内で開催される全国大会への出場権を手にした。

 ビームライフル種目は、10m先に設置された的に45分間で合計60発を撃つ競技。1発ごとに的の中心からの距離に合わせて得点が付与され、合計点で勝敗を決める。

 同部の石井さんは、622・2点で惜しくも2位で全国大会への出場権を手にした。「優勝を狙っていたのでくやしい。安定した射撃ができなかったのが残念。全国大会には去年も出場しているので会場の空気感など経験済み。頂点をめざしてがんばりたい」と意気込む。

 608・7点の5位で全国出場を決めた吉永さんは「初の全国大会出場なのでうれしい。出られなかった仲間のためにも全国ではベストを尽くしたい」と冷静に語る。

まなびや基金で寄付募集

 県は、県立学校などの教育環境整備の推進に多額の財源が必要となることから、「神奈川県まなびや基金」を2009年度に創設した。同部は2016年の創部以来、関東大会や全国大会にも出場。先月の関東大会でも準優勝するなど部員の士気は高い。しかし銃や的、競技用のコートなど高額で容易に購入できないことから、今年4月に事業に参加。来年3月31日までに130万円を募集し、備品一式の購入に充てたい考えだ。

 顧問の斉藤芙由未教諭によれば同部の所有する設備は、部員25人に対して銃が4本、的が3つ。コートも旧式で公式戦には使えず、試合の際は他校から借用しているという。「皆、もっと上手くなりたいという気持ちが強い。がんばって結果を残している選手たちのためにも協力をお願いしたい」と呼びかける。寄付は県ホームページの「神奈川県まなびや基金」から申し込みができる。

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6

音声拡大読書器など設置

伊勢原市立図書館

音声拡大読書器など設置 社会

視覚障がい者らの補助に

8月12日号

優れた施工業者を表彰

伊勢原市

優れた施工業者を表彰 社会

2022年度優良建設工事

8月12日号

「光の競演」3年振り

絵とうろうまつり

「光の競演」3年振り 文化

幻想的な回廊を演出

8月5日号

戦争への学び深めたい

市内中学生

戦争への学び深めたい 教育

広島平和記念式典に参列

8月5日号

市内でも感染者急増

新型コロナ

市内でも感染者急増 社会

前週比倍増で推移

7月29日号

キクラゲの出荷が最盛期

粟窪石川さん

キクラゲの出荷が最盛期 社会

10月頃まで続く

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook