伊勢原版 掲載号:2022年8月5日号 エリアトップへ

いせはら花のまちネットワーク 日向地区でヒマワリ開花

社会

掲載号:2022年8月5日号

  • LINE
  • hatena
ヒマワリを植栽した「いせはら花のまちネットワーク」のメンバー(左が渡会理事長)
ヒマワリを植栽した「いせはら花のまちネットワーク」のメンバー(左が渡会理事長)

 日向薬師バス停留所近くの休耕田でヒマワリが咲き誇り、道行く人々の目を楽しませている。

 ヒマワリを植栽したのは、NPO法人いせはら花のまちネットワーク(渡会庸夫理事長)。渡会さんらは2015年から3年前まで同所でアヤメを栽培。しかしアヤメの花の根が弱ってしまったことから、すべて撤去し菜の花を植栽した。

 同ネットワークのメンバーらは、菜の花のシーズンが終わった3月末から畑を耕し、ゴールデンウィーク明けからヒマワリを植栽。草刈りなどを定期的に行い、畑を管理してきた。渡会さんは「同じように市内で活動している団体同士手を取り合い、伊勢原を花いっぱいにできればうれしい。伊勢原を花のまちにすれば、観光客もたくさん来てくれるのでは」と期待を寄せている。

 同所をはじめ、日向地区は秋には彼岸花の名所として知られる場所。かながわ花の名所100選にも選ばれ、伊勢原の風物詩として知られる。毎年秋の彼岸を迎える頃、深紅の花が、田んぼのあぜ道や野辺などで一斉に咲き、稲穂の黄金色や自然の緑とのコントラストで多くの人々を楽しませている

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

新日の横浜大会

9月2日

新日の横浜大会 スポーツ

30人招待

8月12日号

伊勢原拠点に全国へ

伊勢原拠点に全国へ 社会

板戸出身の「永澤蒼.」さん

8月12日号

活気や楽しみある街に

第1、3日曜は街角ライブ

活気や楽しみある街に 文化

8月12日号

背泳ぎでインターハイへ

笠窪在住添田重樹さん

背泳ぎでインターハイへ スポーツ

9月には国体にも出場

8月12日号

キャンドルを灯す

キャンドルを灯す 社会

能満寺でワークショップ

8月12日号

メダカを知ろう

メダカを知ろう 教育

 子ども科学館で相談会

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook