伊勢原版 掲載号:2022年8月5日号 エリアトップへ

大山で伝統行事 夏山シーズン到来

文化

掲載号:2022年8月5日号

  • LINE
  • hatena
登拝門の鍵を開けるお花講
登拝門の鍵を開けるお花講

 大山に夏の訪れを告げる伝統行事「夏山開き」が7月27日、大山阿夫利神社(目黒仁宮司)下社の登拝門前で行われた。

大山の登拝門は、かつて夏山期間(7月27日から8月17日)以外は固く閉ざされ、山頂への登拝は禁じられていた。その後、規制が緩和され1965(昭和40)年に国定公園に指定されたことをきっかけに、年間を通じて登山できるになった。

 門の鍵は江戸時代中期から日本橋小伝馬町のお花講が保管しており、27日の山開きの日に門を開ける儀式が続けられている。当日は約15人が参加し、「さんげ、さんげ、六根清浄」と唱えながら門へと向かい、同神社の神職によるお祓い後、門を開け、石段を一歩一歩上っていった。

 曾祖父の代からお花講に加わり、今年初めて参加した丸山究君(10)は「初めてだったので緊張したけど、来年もやってみたい」と話した。1997年から講元を務める大野泰昭さんは「コロナ禍ではあるが、毎年開門の儀式ができることは幸せだと思う。大山の冷気や樹木の声を聞き、気持ちを落ち着かせてもらえれば」と語った。

 同社境内では今夏の安全を祈願する神事が執り行われ、神楽舞なども披露された。目黒宮司は「この伝統継承に対する皆様の多大なる尽力に対し敬意と御礼を申し上げる。コロナ禍で3回目となる開門の儀式を迎えたが、今後も講元を中心に一致団結し、進んでもらいたい」と述べた。

開門後、石段を上る
開門後、石段を上る
神楽舞の様子
神楽舞の様子

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

伊勢原版のローカルニュース最新6

新日の横浜大会

9月2日

新日の横浜大会 スポーツ

30人招待

8月12日号

伊勢原拠点に全国へ

伊勢原拠点に全国へ 社会

板戸出身の「永澤蒼.」さん

8月12日号

活気や楽しみある街に

第1、3日曜は街角ライブ

活気や楽しみある街に 文化

8月12日号

背泳ぎでインターハイへ

笠窪在住添田重樹さん

背泳ぎでインターハイへ スポーツ

9月には国体にも出場

8月12日号

キャンドルを灯す

キャンドルを灯す 社会

能満寺でワークショップ

8月12日号

メダカを知ろう

メダカを知ろう 教育

 子ども科学館で相談会

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook