綾瀬版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

花粉「今春は少なめ」 県自然環境保全センターが発表

雄花の平均着花点数推移
雄花の平均着花点数推移

 2012年春のスギ花粉飛散量について、県自然環境保全センターは「昨春の3分の1以下で、例年よりも少なくなる」との予測を発表した。

 飛散量の予測は県内のスギ林で雄花の着花量調査を行い、その着花点数の平均値から出されている。

 スギは2月から4月にかけて、雄花から花粉を多く飛散するが、雄花は前年の7月から10月にかけて形成される。雄花が黄色味を帯び針葉と区別しやすくなる11月中旬頃にこの調査が行われ、毎年春先の花粉量予測を行なっている。県では1997年度からこの調査を実施している。

 今春に向けた調査は、厚木市や相模原市など、計30カ所の見通しの良いスギ林で行われた。各林で40本のスギを抽出し、それぞれの着花量に応じて100点満点で採点。40本の点数を合計し平均値を出した。30箇所の平均値は20・7点で、昨年の75・3点と比較すると3分の1で、調査を開始した過去14年間の平均値44・6点と比べても、半分の値となる。

 同センターによると、一般にスギ雄花の着花形成は前年の夏の気象条件との相関が高いとされている。高温少雨で日照時間が多いと着花形成が促されるという。昨夏は高温少雨の気象条件であったが、昨春の着花が多かった影響で種子の結実量が多くなり、雄花への養分供給が不足し、雄花の着花点数が低くなったと考えられている。環境省は今春の飛散開始は例年より5日前後遅れる可能性が高いと発表している。
 

綾瀬版のトップニュース最新6件

綾瀬版の関連リンク

あっとほーむデスク

綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク